「MS11-073」を悪用する新たな標的型攻撃を検出、dllファイルに要注意(シマンテック) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.08.20(月)

「MS11-073」を悪用する新たな標的型攻撃を検出、dllファイルに要注意(シマンテック)

脆弱性と脅威 脅威動向

株式会社シマンテックは2月10日、Microsoft Office「MS11-073」の脆弱性を悪用する新たな標的型攻撃を検出したとブログで発表した。この攻撃には2つのファイルセットが使用されており、Microsoft Wordの文書ファイルと .dllファイルがペアになっている点で一般的な標的型攻撃と異なっている。この脆弱性の悪用では、Wordの文書ファイルに埋め込まれたActiveXコントロールが使用される。Word文書を開くと、ActiveXコントロールによって「fputlsat.dll」が呼び出されるが、このファイルの名前は、Microsoft Office FrontPage Client Utility Libraryで使われる正規の .dll ファイルと同じもの。

この悪用に成功するとマルウェアがシステム上に投下される。.dll ファイルが機能するには、ファイル名がfputlsat.dllでなければならないので、メールで文書ファイルとともにこの名前のファイルが送られてきた場合は警戒が必要としている。悪用に成功するとfputlsat.dllが削除され、Thumbs.dbファイルと置き換えられる。攻撃者がThumbs.dbを使うのは、サムネイルビューの使用時にWindowsによって作成される共通ファイルがこのファイル名であるため。また、このファイルは、デフォルト設定ではコンピュータの標準ビューに表示されない。同社では標的型攻撃を受けるリスク低減のため、MS11-073を含む最新のパッチを適用するよう呼びかけている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×