企業ネットワークにアクセスする個人のモバイルデバイスは2年で倍以上に(チェック・ポイント) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.11.17(土)

企業ネットワークにアクセスする個人のモバイルデバイスは2年で倍以上に(チェック・ポイント)

チェック・ポイントは、調査レポート「モバイル・デバイスが情報セキュリティに与える影響」の結果を発表した。本調査は、日本を含む世界5カ国のIT管理者を対象に実施したもの。

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー
チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズ株式会社(チェック・ポイント)は2月7日、調査レポート「The Impact of Mobile Devices on Information Security(モバイル・デバイスが情報セキュリティに与える影響)」の結果を発表した。本調査は、日本を含む世界5カ国(アメリカ、カナダ、イギリス、ドイツ、日本)のIT管理者を対象に実施したもの。

調査結果によると、企業ネットワークにアクセスする個人所有のモバイルデバイスは過去2年間で2倍以上に増加しており、42%のモバイルデバイスには顧客データが保存されている。また日本企業の78%は、モバイルデバイスが原因でセキュリティリスクが増えていると考えており、主に懸念される問題として、モバイルデバイス内の機密情報の流出とそれに伴うプライバシー侵害を挙げている。デバイスに保存されている機密データには、業務メール、顧客データ、ネットワークのログイン情報などがある。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!
(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません!

×