モバイル、ソーシャル手法、ボット、IPv6などセキュリティ動向を予測(チェック・ポイント) | ScanNetSecurity
2022.01.20(木)

モバイル、ソーシャル手法、ボット、IPv6などセキュリティ動向を予測(チェック・ポイント)

チェック・ポイントは、同社独自の調査とユーザから寄せられた意見に基づく、2012年の注目すべきセキュリティ動向予測を発表した。

脆弱性と脅威 脅威動向
チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズ株式会社(チェック・ポイント)は1月6日、チェック・ポイント独自の調査とユーザから寄せられた意見に基づく、2012年の注目すべきセキュリティ動向予測を発表した。インターネットを利用したサイバー攻撃が複雑化の一途をたどっており、規模にかかわらずすべての企業は、最新の技術動向やコンプライアンス要件に合わせたリスク管理戦略の見直しが求められるとしている。

同社はセキュリティ動向のトピックとして、「モバイル・デバイスを狙った攻撃の増加とその対策の強化」「QRコードの悪用」「個人情報を利用したソーシャル・エンジニアリング攻撃が増加」「マルウェアの産業化」「ボットネットが組織へのバックドアとして利用」「IPv6に移行する企業が急増」「セキュリティ対策としての仮想化技術の利用の増加」「ソーシャルボットが台頭」「大型イベントに便乗した不正なSEOがさらに増加」を挙げている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×