奈良先端科学技術大の「茶筌」にバッファオーバーフローの脆弱性(JVN) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.22(日)

奈良先端科学技術大の「茶筌」にバッファオーバーフローの脆弱性(JVN)

脆弱性と脅威 セキュリティホール・脆弱性

独立行政法人 情報処理推進機構セキュリティセンター(IPA/ISEC)および一般社団法人 JPCERT コーディネーションセンター(JPCERT/CC)は12月8日、奈良先端科学技術大学院大学の提供する日本語の形態素解析ソフトウェア「茶筌(ChaSen)」にバッファオーバーフローの脆弱性が存在すると「Japan Vulnerability Notes(JVN)」で発表した。

「茶筌(ChaSen)version 2.4 系」および同バージョンの茶筌を組み込んでいるソフトウェアには、文字列の読み込みの問題が原因でバッファオーバーフローの脆弱性(CVE-2011-4000)が存在する。この問題が悪用されると、システムを使用可能な第三者によって任意のコードを実行される可能性がある。開発者によると、本製品に関するメンテナンスやアップデートの予定はないという。このためJVNでは対策方法として、同等の機能を持つ他の製品への切り替えなどを検討するか、機能追加以前の茶筌version 2.3.3を使用するよう呼びかけている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×