Adobe Flash Playerのセキュリティアップデート、12種類の脆弱性に対応 (アドビ) | ScanNetSecurity
2022.01.28(金)

Adobe Flash Playerのセキュリティアップデート、12種類の脆弱性に対応 (アドビ)

Adobe Systems(アドビ)は11月10日(米国時間)、「Adobe Flash Player」のセキュリティアップデート(APSB11-28)を公開した。

脆弱性と脅威 セキュリティホール・脆弱性
Adobe Systems(アドビ)は11月10日(米国時間)、「Adobe Flash Player」のセキュリティアップデート(APSB11-28)を公開した。

本アップデートは、Windows、Macintosh、Linux、Solaris版のAdobe Flash Player 11.0.1.152およびそれ以前、Android版のAdobe Flash Player 11.0.1.153およびそれ以前を対象とするもの。

対象となるバージョンのAdobe Flash Playerには、システムのクラッシュや乗っ取りの可能性がある12種類の脆弱性(CVE-2011-2445、CVE-2011-2450、CVE-2011-2451、CVE-2011-2452、CVE-2011-2453、CVE-2011-2454、CVE-2011-2455、CVE-2011-2456、CVE-2011-2457、CVE-2011-2458、CVE-2011-2459、CVE-2011-2460)が存在し、今回のアップデートにより解消される。

対応バージョンは、Windows、Macintosh、Linux、Solaris版のAdobe Flash Player 11.1.102.55、Android版のAdobe Flash Player 11.1.102.59となり、該当するユーザにアップデートを呼びかけている。また、Windows、Macintosh、Android版のユーザは、Adobe AIRも3.1.0.4880にアップデートする必要がある。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×