「電子サインを安全とは思わない」のは日本のビジネスパーソンの2割 | ScanNetSecurity
2022.05.29(日)

「電子サインを安全とは思わない」のは日本のビジネスパーソンの2割

アドビ株式会社は2月26日、電子サイン使用に関するグローバル調査を実施し、調査結果を発表した。

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー
アドビ株式会社は2月26日、電子サイン使用に関するグローバル調査を実施し、調査結果を発表した。

本調査では2020年12月7日から10日に、日本、アメリカ合衆国、ヨーロッパ、日本を除くアジア太平洋地域で過去1年間に電子サインを1回以上使用したことがある18歳以上の男女計4,662名を対象にインターネット調査を実施、その結果を公表した。

同調査によると、「パンデミックが収束したあとも、電子サインを使い続けますか?」の問いに対し、グローバル平均で8割弱(76.3%)が「使い続ける」と回答し、日本では約6割(59.5%)が継続使用を希望する結果となった。

また、「電子サインは安全だと思いますか?」の問いには、グローバル平均で3分の2(66.8%)が「安全だと思う」と回答したのに対し、日本は3分の1強(36.8%)と低く、逆に「そう思わない」が19.5%とグローバル平均(9.8%)の約2倍になった。また、「どちらでもない」は43.7%と国際平均の2倍となり、計80.5%が電子サインを安全またはどちらでもないと回答した。
《高橋 潤哉( Junya Takahashi )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×