クラッキング集団 LulzSec が攻撃対象の「電話注文受付」開始 | ScanNetSecurity
2024.07.22(月)

クラッキング集団 LulzSec が攻撃対象の「電話注文受付」開始

Sony Pictures、任天堂、米上院、そして先ほど明らかになったところではCIAなどをクラッキングしたLulzSec の活動が止まらない。他にも、Eve Online、Minecraft、League of Legends などのゲームサイトを DDos 攻撃でダウンさせた。

特集
Sony Pictures、任天堂、米上院、そして先ほど明らかになったところではCIAなどをクラッキングしたLulzSec の活動が止まらない。他にも、Eve Online、Minecraft、League of Legends などのゲームサイトを DDos 攻撃でダウンさせた。

クラッキング集団の中には、特別な主張を持つ「ハクティビスト」というものもある。ソニーへの攻撃で有名なアノニマスがそうだ(編集部註:「ソニーの情報漏えい事件で我々は何を学ぶか (1) 事件の背景にある様々なハッカーの存在」記載の「C-type:ネット市民運動」参照)

これに対して LulzSec は、愉快の追求が目的。愉快なことしようぜ、とファンに呼びかけ(彼らのファンは世界中にたくさんいるらしい)、動画をアップし、ツイッターで活動報告し冗談を飛ばす。徹底した愉快犯といえるだろう。

今週火曜日からは攻撃対象の電話注文受付を開始した。次のクラッキングターゲットのリクエストを受けつけ、まるで宅配ピザのように、電話すればご注文に応じてサイトをつぶしに行くという。

注文を受け取ると彼らは「challenge accepted」と返答する。

電話番号は、614-LulzSec(614-585-9732)もしくは732-993-7703

lulzsec

しかし、多数の電話が殺到して対応しきれなかったため、彼らは、かかってきた電話を転送するという暴挙に出た。転送先への電話版DDos攻撃である。

最初の餌食になったのは、magnets.com という磁石用品のカスタマーサポートセンター、次は World of Warcraft カスタマーサポートセンター、さらにその次は FBI デトロイトだ。

HBGary も電話のターゲットになった。HBGary は、アノニマスにクラッキングされたセキュリティベンダーとして有名な会社だ。大量のメールを公開されて恥をかかされ、さらにくるしい言い訳をして恥の上塗りをしてしまった。

こうした活動は逐一ツイッター上で報告されおり、フォローするとリアルタイムで情報を入手できる。ゲーム産業の読者はフォローしておくとよいと思う。そのうちライバル会社や自分の会社の名前が出てくる可能性は低くないだろう。

http://twitter.com/LulzSec

なお、彼らは留守番電話に残ったメッセージを You Tube で公開しており、下記で聞くことができる。

http://www.youtube.com/watch?v=3doUCaaUp5k

どこまでも人をおちょくっている。

※重要な注意
本記事に含まれる電話番号、URLにアクセスした場合、あなた自身が危険にさらされたり、犯罪に荷担したとみなされたりする可能性があります。十分にご注意ください

(一田和樹)

一田和樹著/原書房刊「檻の中の少女」
http://www.amazon.co.jp/gp/product/456204697X/
《ScanNetSecurity》

特集

特集 アクセスランキング

  1. メール誤送信事故多発で悪名高いドッペルゲンガードメイン「gmai.com」はどこの誰が保有しているのか?

    メール誤送信事故多発で悪名高いドッペルゲンガードメイン「gmai.com」はどこの誰が保有しているのか?

  2. 日本プルーフポイント増田幸美のセキュリティ情報プレゼンテーション必勝ノウハウ

    日本プルーフポイント増田幸美のセキュリティ情報プレゼンテーション必勝ノウハウ

  3. NISC サイバーセキュリティ政策年表から考える、政府の考え やろうとしていること

    NISC サイバーセキュリティ政策年表から考える、政府の考え やろうとしていること

  4. [インタビュー] セキュリティ診断で検知される脆弱性の傾向に変化あり(NTTデータ先端技術)

  5. 怒りと無力感…新生 GSX 社長 青柳史郎の原点とは

  6. 今日もどこかで情報漏えい 第25回「2024年5月の情報漏えい」“いたずらに混乱” しているのは誰

  7. Visaが語る、日本の PCI DSS 対応状況と遵守期限設定の狙い [後編](PCI DSS対策研究所)

  8. ICAPによるHTTPウイルススキャン(その1)

  9. Scan社長インタビュー:軍隊のない国家ニッポンに立ち上げるサイバー脅威インテリジェンスサービス ~ 株式会社サイント 岩井博樹の危機感

  10. TwoFive メールセキュリティ Blog 第14回「いよいよ6月、メルマガが届かなくなる…!? ~ メルマガ配信している皆さん ワンクリック購読解除の List Unsubscribe対応は済んでますか?」

アクセスランキングをもっと見る

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×