LulzSec 出身の密告者が英国と豪州への攻撃を導く――レポート~Sabu が連邦に30 か国を狙わせたことが記録で明らかに(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.10.21(日)

LulzSec 出身の密告者が英国と豪州への攻撃を導く――レポート~Sabu が連邦に30 か国を狙わせたことが記録で明らかに(The Register)

LulzSec のハッカーたちは、複数の政府のウェブサイトを改竄し、またトルコやブラジル、その他のサーバから機密情報を盗むよう奨励されていた。ここで盗まれたデータは、どうやら FBI に制御されているサーバへアップロードされたようだ。

国際 TheRegister
「封印された裁判所文書と、漏洩した IRC のチャットログ」を元に全体像をまとめた報告書によると、ハクティビストの中心的人物から FBI の密告者へ転身した「Sabu」こと Hector Xavier Monsegur は、30 か国に対して攻撃を行っており、そこには英国や豪州のシステムも含まれているという。

その裁判所文書によると、Monsegur は連邦の要請でシステムに侵入するため、LulzSec のグループや Antisec 運動とのつながりを持つ他のハクティビストたち――その中には、先日投獄された Jeremy Hammond も含まれている――を説得する役目を果たした。

ここまでは、すでに報告されていた話だ。しかし Daily Dot が入手した「IRC から漏洩したチャットログ」、および「その他の文書のキャッシュ」は、この攻撃がさらに次々と 30 の国を襲ったということを明らかにしている。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割10月末迄。現在通常料金半額以下!!
<b>(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割<font color=10月末迄。現在通常料金半額以下!!">

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません

×