LulzSec、謎の 6 人目のメンバーは誰だ?~それと…ちょっと待て、全ての戦利品に何が起こったのか…(その 1)(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.12.12(水)

LulzSec、謎の 6 人目のメンバーは誰だ?~それと…ちょっと待て、全ての戦利品に何が起こったのか…(その 1)(The Register)

しかし Sabu や他のメンバー(彼らは自分たちの減刑を望んで仲間を売り渡した可能性がある)にとってさえ、Avunit の正体は謎のままである。

国際 TheRegister
●分析

木曜日(編集部註:5 月 16 日)、ハクティビストグループ LulzSec の中核メンバー 3 人、および彼らにボットネットへのアクセスを提供した共犯のハッカー 1 人に判決が下され、アクティビズムの歴史における重要な章の幕は閉じられた。しかし、そこにはいくつかの疑問が未解決のまま残されている。

残された難問のうち最も面白い謎の一つは、グループの 6 人目のメンバーが特定されていないことだ。

2011 年の 5 月から 6 月の間、いわゆる「Lulz の 50 日間」で、LulzSec は 情報セキュリティニュースの見出しの常連となっていた。それは Fox、PBS、ソニー、任天堂、セガ、そして FBI に関連するセキュリティ機関(Infragard や HB Gary Federal、米上院、アリゾナ州立警察、CIA、英国の重大組織犯罪エージェンシーなど)を攻撃したものだった…

※本記事は有料版メールマガジンに全文を掲載しました

© The Register.


(翻訳:フリーライター 江添佳代子
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊20年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×