Tokyo SOC Reportで最も読まれた記事はJavaの脆弱性を悪用する攻撃(日本IBM) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.08.21(火)

Tokyo SOC Reportで最も読まれた記事はJavaの脆弱性を悪用する攻撃(日本IBM)

脆弱性と脅威 脅威動向

日本アイ・ビー・エム株式会社(日本IBM)は12月28日、2010年最後のTokyo SOC Reportを発表した。本レポートでは、今年掲載した記事をアクセス数順に取り上げ、1年間の脅威動向の変遷を振り返っている。1位となったのは、4月15日に公開された「Java Deployment Toolkit の脆弱性を悪用したゼロディ攻撃を観測」。2010年はドライブ・バイ・ダウンロード攻撃にJava関連の脆弱性が多く悪用されるようになった。ただし本件の攻撃では被害を受けた環境は極めて少数であった。

2位は「ドライブ・バイ・ダウンロード攻撃で感染する『mstmp』ウイルスについて」(10月27日)で、東京SOCでも約15%の顧客の環境で本事象の影響を検出したという。3位は「Adobe Reader および Acrobat のゼロデイ脆弱性を悪用するSPAMメール」(6月22日)で、日本語で記述された標的型メールによる攻撃が数多く検出された。4位は「Windows のヘルプとサポート センターの脆弱性を悪用する攻撃」(6月25日)。このゼロデイ攻撃は6月9日に公開された脆弱性を悪用していた。5位は「IISを狙ったSQLインジェクション攻撃の増加とFlashの脆弱性の悪用」(6月18日)で、本件はredirector作成にSQLインジェクション攻撃が利用されていることを示す最初の事例であった。

https://www-950.ibm.com/blogs/tokyo-soc/entry/20101228_threat_summary?lang=ja
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×