機能強化したLinux向けのゲートウェイ型アンチウイルス製品の新版を発売(エフセキュア) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.22(日)

機能強化したLinux向けのゲートウェイ型アンチウイルス製品の新版を発売(エフセキュア)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

エフセキュア株式会社は2月2日、Linuxプラットフォームのゲートウェイアンチウイルスの新バージョン「エフセキュア Linux ゲートウェイVer.4.00」を同日より提供開始したと発表した。本製品は、外部から侵入するウイルスだけでなく、内部から流出するウイルスもブロックする、Linux向けのゲートウェイ型アンチウイルス製品。

メール送受信やWebブラウジング、ファイル転送など、インターネット経由のデータの送受信時においてウイルスをリアルタイムに検出、駆除する。新バージョンでは、スキャンエンジンの改良により「スループットの向上」「検出率の向上」「メモリ使用量の軽減」「スパム検査機能の向上」を実現した。また、Webベースの管理画面を刷新することでユーザビリティを改善、遠隔操作やアラート機能などの設定が容易になっている。

http://www.f-secure.com/ja_JP/about-us/pressroom/news/2010/fs-news_20100202_01_jp.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×