りそなホールディングスが「RSA FraudAction」を採用(RSAセキュリティ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.08.20(月)

りそなホールディングスが「RSA FraudAction」を採用(RSAセキュリティ)

製品・サービス・業界動向 業界動向

RSAセキュリティ株式会社は11月7日、株式会社りそなホールディングスが、同社のグループ金融機関のフィッシング詐欺対策の強化策として「RSA FraudAction」を採用したと発表した。「RSA FraudAction」は、フィッシングサイトを発見後、ただちにシャットダウンすることにより、誤って偽サイトに個人情報を入力したことによる個人情報の不正取得、インターネットバンキングでの不正出金などの被害発生を予防できるサービス。

りそなホールディングスは、りそな銀行、埼玉りそな銀行、近畿大阪銀行、りそな信託銀行をはじめとする金融機関を擁しており、今回の「RSA FraudAction」の採用により、りそなグループ金融機関におけるフィッシング対策が強化されるとしている。

http://japan.rsa.com/press_release.aspx?id=8894
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×