Winnyを介して感染するウイルスによる情報流出対策を発表(NISC) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.25(日)

Winnyを介して感染するウイルスによる情報流出対策を発表(NISC)

製品・サービス・業界動向 業界動向

内閣官房 情報セキュリティセンター(NISC)は3月15日、ユーザがファイル交換ソフト「Winny」の危険性を認識し、適切に対応することを目的とした「Winnyを介して感染するコンピュータウイルスによる情報流出対策について」を発表した。これは最近、Winnyでやり取りされるファイルを介して感染するウイルス「Antinny」により、政府機関や企業が扱う業務資料や個人情報に加え、PC利用者本人のプライバシー情報が、家庭PCなどから流出する事案が多発している事態を受けたもの。

NISCは、最も確実な情報流出対策はWinnyを使わないこととし、またAntinnyの中には、最新のウイルス対策ソフトやOSを使用していても被害を防ぐことができないものがあるため、確実にAntinnyに感染していないと言えるようにするためにはOSをクリーンインストールする必要があるとしている。

http://www.bits.go.jp/press/inf_msrk.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×