フィッシング(Phishing)詐欺対策とWebsense Enterprise | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.12.13(水)

フィッシング(Phishing)詐欺対策とWebsense Enterprise

特集 特集

 欧米で発生し、急増したフィッシング詐欺が日本でも広まりつつあります。

■フィッシング(Phishing)

 フィッシング詐欺は他人に成りすましたメールやある特定の団体などに成りすましたウェブサイトを使い、受取人を騙してその人の個人的な機密情報を暴きだす詐欺行為のことだ。主に、クレジットカードの番号、口座名義、口座番号、パスワード等を有名な銀行、オンラインショッピング会社、およびクレジット・カード会社等、既に市場で信頼を得ている商標使うことによって、いとも簡単に機密情報を詐取する。
 ある調査データによると、フィッシングの詐欺行為に受取人の約5%が返事をしてくるとの結果もあり、これらの詐欺の結果、情報を詐取された受取人は、クレジットカード不正行為、個人情報漏洩等により、何らかの金銭的な損失を受けることになる。

 全体として、antiphishing.org のサイトに報告されたフィッシング詐欺の件数は、2003年11月の28件から、2004年4月には1125件と1ヶ月あたり110%に急増している。これは過去6か月の間に40倍になっており、4000%の伸びである。 シティバンク、イーベイ、ペイパル等がフィッシング犯の格好の餌食となっており、これらの組織に対する攻撃は、それぞれ1ヶ月あたり、250%、105%、85%の伸びとなった。LLoyds TSB、バークレーズ、オーストラリアおよびニュージーランド(ANZ)銀行、およびナショナル・オーストラリア・バンクも、フィッシング詐欺の標的とされている。

 2004年4月のオンラインアクセスのある成年米国人5,000人の調査によると、ガートナー社は、過去12か月に198万人のオンラインアクセスのある成年米国人がこの種の犯罪を経験したと推測している。直接的に騙し取られた金額の総額は約2640億円で、1つの犠牲当たり平均約13万円となっている。


■フィッシングへの対策

 こうした事態を受けて、企業、政府機関も対策に乗り出している。
 クレジットカード会社ではマスターカードがデジタル詐欺監視技術のNameProtect と提携し、Web ページやオンラインフォーラム等複数のオンライン媒体を監視し、詐欺サイトの存在を突き止め、発見次第、MasterCard に報告する事とした。マスターカードはこの情報をただちに取引のある2万社以上の金融機関に通達し、顧客への警告等を行うというものだ。

 日本の警察庁も6月4日付けでフィッシングの被害が欧米を中心に広まっている事実を告知し、今後、日本でも同種の形態による被害が予想されるとし、こうしたメールを受信した場合は、メールを送信してきたとされる企業の実際のホームページや窓口に問い合わせて確認するように注意喚起を出したばかりだ。

 情報検索最大手のヤフーによると、同社の名をかたり、パスワードなどの詐取を図ろうとしたサイトは同社が把握しているだけで6種類あり、被害者は判明分だけで100人弱に上るとして、ユーザへの注意喚起に乗り出してる。


==================================================================
今年もN+I東京2004に出展しています。
製品デモは6月30日(水)〜7月2日(金)
N+I 2004 東京(幕張)ウェブセンス社ブース(小間番号:7C3)
でお待ちしています。
==================================================================
 ここまでで、ウェブセンスエンタープライズに興味をもたれた方
==================================================================
⇒ウェブセンスエンタープライズVer.5.2の詳細は?
http://www.websense.co.jp/products/
⇒ウェブセンスエンタープライズVer.5.2を今すぐ評価するには?
 詳しくは下記30日間無料体験版(機能制限なし)ダウンロードサイトへ
http://www.websense.com/downloads/?Lang=Japanese
尚、ダウンロードされる際、「Websenseをご利用になる形態の選択」で
「スタンドアロンサーバー」を選択頂くと、ご自分のデスクトップで手軽
にGUI、設定方法などをお試しいただけます。
==================================================================
ウェブセンスホームページ http://www.websense.co.jp
お問い合わせは mailto:japan@websense.com


(この記事には続きがあります。続きはScan本誌をご覧ください)
http://www.ns-research.jp/cgi-bin/ct/p.cgi?m-sc_netsec

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

特集 カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. グローバルで活躍するプロフェッショナル - EYのサイバーセキュリティ部隊に仕事とキャリアを聞く

    グローバルで活躍するプロフェッショナル - EYのサイバーセキュリティ部隊に仕事とキャリアを聞く

  2. ここが変だよ日本のセキュリティ 第31回「中二病全開!アンチ・アンチ・オーディット作戦発動!!」

    ここが変だよ日本のセキュリティ 第31回「中二病全開!アンチ・アンチ・オーディット作戦発動!!」

  3. ここが変だよ日本のセキュリティ 第30回「ダメンズ・オーディット! 上場企業なら避けて通れない監査対応に監査感激!」

    ここが変だよ日本のセキュリティ 第30回「ダメンズ・オーディット! 上場企業なら避けて通れない監査対応に監査感激!」

  4. クラウドセキュリティ認証「ISO 27017」「ISO 27018」の違いとは? ~クラウドのよさを活かす認証コンサル LRM 社 幸松 哲也 社長に聞く

  5. [数字でわかるサイバーセキュリティ] 2018年度政府サイバーセキュリティ予算、大規模予算施策一覧

  6. [セキュリティホットトピック] まるで海外アングラサイト? 中学生がフリマアプリでウイルス売買し書類送検

  7. [セキュリティホットトピック] 金融機関情報を狙う「DreamBot」「Gozi・Ursnif」、国内でまた活発化

  8. 工藤伸治のセキュリティ事件簿 シーズン 7 「アリバイの通信密室」 第11回「五十四歳」

  9. 工藤伸治のセキュリティ事件簿 シーズン 7 「アリバイの通信密室」 第10回「面会依頼」

  10. [対談] 人工知能は重要経営課題となったサイバーリスクに対抗できるか

全カテゴリランキング

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×