Dogs of Cyberwar - サイバー戦争の犬たち | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2019.08.23(金)

Dogs of Cyberwar - サイバー戦争の犬たち

サイバー戦争の犬たち - Dogs of Cyberwar  第三部 サイバー軍需企業はサイバー空間を火の海に変える 第5回「日本にとってのターニングポイント」 画像
特集 一田 和樹

サイバー戦争の犬たち - Dogs of Cyberwar 第三部 サイバー軍需企業はサイバー空間を火の海に変える 第5回「日本にとってのターニングポイント」

近い将来、サイバー軍需企業の手を借りなければならないイベントがある。五年後に控えているオリンピックである。過去の例を見るまでもなく、オリンピックを挟んでサイバー攻撃が激化することは明かだ。オリンピックは、サイバーテロの恰好の標的なのだ。

サイバー戦争の犬たち - Dogs of Cyberwar 第二部サイバー戦を支える「犬たち」 第4回「サイバー軍需企業10社概説」 画像
製品・サービス・業界動向 一田 和樹

サイバー戦争の犬たち - Dogs of Cyberwar 第二部サイバー戦を支える「犬たち」 第4回「サイバー軍需企業10社概説」

同社は、中国、ロシア、ラテンアメリカ、中東の特定ターゲットパッケージも販売している。このパッケージでは、政府機関や銀行、電力、核施設など重要な施設の感染しているシステムのアドレスや地理的な場所、マルウェアの種類までを特定されている。

サイバー戦争の犬たち - Dogs of Cyberwar 第二部サイバー戦を支える犬たち 第3回「サイバー戦の基本要素」 画像
特集 一田 和樹

サイバー戦争の犬たち - Dogs of Cyberwar 第二部サイバー戦を支える犬たち 第3回「サイバー戦の基本要素」

私見ではあるが、現在はサイバー軍需企業が、アクティブディフェンスという名称で、キルチェーンのほとんどを肩代わりできる機能を有している。アクティブディフェンスには、攻撃検知、相手の特定、報復攻撃までを指し、先制攻撃も含まれる。

サイバー戦争の犬たち - Dogs of Cyberwar 第一部サイバー戦争とはなにか 第2回「サイバー戦争の6つの特徴 常時戦争の現実」 画像
製品・サービス・業界動向 一田 和樹

サイバー戦争の犬たち - Dogs of Cyberwar 第一部サイバー戦争とはなにか 第2回「サイバー戦争の6つの特徴 常時戦争の現実」

アメリカがイランの核施設を攻撃するサイバー作戦『オリンピックゲーム』を イスラエルとともに開始した大きな動機は、アメリカ兵士が負傷者や死者を出 すことなく、軽い経済的負担で済むことだった。

サイバー戦争の犬たち - Dogs of Cyberwar 第一部サイバー戦争とはなにか 第1回「開戦のない戦争」 画像
特集 一田 和樹

サイバー戦争の犬たち - Dogs of Cyberwar 第一部サイバー戦争とはなにか 第1回「開戦のない戦争」

従来なら自国領土が攻撃を受ければ、それはほとんど宣戦布告であり、先制攻撃とみなされた。サイバー攻撃は「見えない攻撃」であり、「領土という概念のない空間」から発生しているため、誰がどうやって攻撃し、どんな被害が発生したのかを特定できないケースも少なくない。

    Page 1 of 1
    ★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
    <b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

    経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊20年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

    ×