コンテンツ生成プラットフォーム「リートン」に脆弱性、特定の操作でデータベースにアクセス可能 | ScanNetSecurity
2024.04.15(月)

コンテンツ生成プラットフォーム「リートン」に脆弱性、特定の操作でデータベースにアクセス可能

 Wrtn Technologies Japanは3月19日、同社が運営する生成AIをベースとしたコンテンツ生成プラットフォーム「リートン」での技術的な脆弱性が解消したと発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい

 Wrtn Technologies Japanは3月19日、同社が運営する生成AIをベースとしたコンテンツ生成プラットフォーム「リートン」での技術的な脆弱性が解消したと発表した。

 これは同社が運営するサービス「リートン」のデータベースシステムの設定に一部不備があり、特定の操作を行うことで外部から同社のデータベースにアクセス可能で、下記の情報が取得及び編集可能となっていたというもの。2023年11月30日に、利用ユーザからの通報で発覚した。


《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×