フォーティネット「2023年ゼロトラストに関する現状レポート」公表 | ScanNetSecurity
2024.06.16(日)

フォーティネット「2023年ゼロトラストに関する現状レポート」公表

 フォーティネットジャパン合同会社は9月11日、グローバル調査「2023年ゼロトラストに関する現状レポート」を発表した。

調査・レポート・白書・ガイドライン
導入の進捗状況
  • 導入の進捗状況
  • SASEソリューションの優先事項
  • ZTNAソリューションは場所を問わずユーザーやアプリケーションをカバーする必要がある

 フォーティネットジャパン合同会社は9月11日、グローバル調査「2023年ゼロトラストに関する現状レポート」を発表した。

 同調査は2023年3月30日から4月2日に、公的部門を含むほぼすべての業界から成る31ヶ国のITおよびセキュリティリーダー570人を対象に実施したもので、ゼロトラストセキュリティ対策の現状や、IT部門がパンデミックによるリモートワーカー保護の必要性に対応して実施した取り組みの全体像を示している。

 調査結果によると、ゼロトラスト戦略を導入中であると答えた回答者は66%となり、2021年の54%から増加している。

 対処すべき最重要課題として、回答者の約半数(48%)がオンプレミスとクラウドに展開したゼロトラストソリューションが十分に統合されていない点を挙げており、それ以外の課題としては、エンドツーエンドのポリシー適用、アプリケーションの遅延、ゼロトラストソリューションの選定や設計に役立つ信頼できる情報の不足などを挙げている。

 多くの企業は、オンプレミスならびにネットワーク外のアプリケーションへのアクセスを保護する必要があるが、アプリケーションの半分以上を今もなおオンプレミスでホストしていると40%が回答している。同レポートでは注目点として、クラウド対応のみのZTNAを利用することで回答者の75%が問題を抱えていることを挙げている。

 SASEソリューションの優先事項として、58%が「セキュリティ効果」を優先事項の上位3つまでに挙げており、回答者の89%はSASEと自社のオンプレミスソリューションとの統合が「かなり重要」または「非常に重要」であるとしている。

 ハイブリッドZTNA戦略においてカバーすべき領域として回答が多かったのは、「Webアプリケーション」が81%、「オンプレミスユーザー」が76%、「リモートユーザー」が72%、「オンプレミスアプリケーション」が64%、「SaaSアプリケーション」が51%の順となった。

 フォーティネットのプロダクト担当エグゼクティブバイスプレジデント兼CMOのJohn Maddison氏は「組織がゼロトラストの導入を成功させるには、ネットワーキングとセキュリティをコンバージするよう設計され、複数の環境を横断できるソリューション、たとえばフォーティネットのユニバーサルZTNAやユニバーサルSASEが必要です」とコメントしている。

《高橋 潤哉》

編集部おすすめの記事

特集

調査・レポート・白書・ガイドライン アクセスランキング

  1. IPA、中小企業向けの内部不正防止対策の報告書公開

    IPA、中小企業向けの内部不正防止対策の報告書公開

  2. 2022年のウイルス届出件数、Emotet感染被害は145件

    2022年のウイルス届出件数、Emotet感染被害は145件

  3. フィッシングサイトのドメイン「top」が最多、デジタルアーツ調査

    フィッシングサイトのドメイン「top」が最多、デジタルアーツ調査

  4. 半数の中小企業経営者、セキュリティ対策の必要性「感じたことがない」

  5. SPF / DKIM / DMARC はどう機能したか ~ フィッシングメール 596 件対象に分析

  6. SNSのトラブルは「LINE」と「Twitter」が突出、4人に1人がいじめ・嫌がらせを経験(プリキャンティーンズラボ)

  7. Cookie PrefixのバイパスについてMBSD解説

  8. 「セキュリティ技術者の“思考”を覗く」~ SHIFT SECURITY、17種類のサイバー攻撃の解説と対策資料公開

  9. ランサムウェアに身代金を支払う傾向の強い組織の構造が明らかに

  10. JIPDEC「個人情報取扱い事故報告」2021年版公表、事故原因最多は「誤送付」

アクセスランキングをもっと見る

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×