2021年度の情報セキュリティ市場は1兆3,321億円に、JNSA調査 | ScanNetSecurity
2024.05.29(水)

2021年度の情報セキュリティ市場は1兆3,321億円に、JNSA調査

特定非営利活動法人日本ネットワークセキュリティ協会(JNSA)は7月3日、セキュリティ市場調査ワーキンググループによる「2022年度 国内情報セキュリティ市場調査報告書」を発表した。

調査・レポート・白書・ガイドライン

 特定非営利活動法人日本ネットワークセキュリティ協会(JNSA)は7月3日、セキュリティ市場調査ワーキンググループによる「2022年度 国内情報セキュリティ市場調査報告書」を発表した。近年の国内情報セキュリティ市場の変化を鑑み、2019年度からセキュリティ区分、調査内容の見直しを行い【新分類】の成果物として公開、2022年度も【新分類】の調査様式で市場調査を行っている。

 同調査では、セキュリティ市場をツールとサービスに分けており、新分類による2021年度の情報セキュリティ市場は、ツール市場が7,686億円、サービス市場が5,636億円で、合計1兆3,321億円となった。2022年度の予測値は、ツール市場が8,025億円、サービス市場が6,039億円で、合計1兆4,064億円とみている。さらに2023年度の予測値は、ツール市場が8,467億円、サービス市場が6,516億円で、合計1兆4,983億円になると予測している。

 2021年の情報セキュリティツール市場では、ネットワーク防御・検知/境界線防御製品が2,481億円で32.3%を占め、エンドポイント保護管理製品が2,157億円で28.1%、コンテンツセキュリティ対策製品が1,944億円で25.3%と3製品が拮抗。アイデンティティ・アクセス管理製品は1,104億円で14.4%となっている。ツール全体では前年から4.8%の増加、もっとも伸び率が高かったのはネットワーク防御・検知/境界線防御製品で8.0%増加した。

 2021年の情報セキュリティサービス市場では、マネージド・運用サービスが2,417億円で42.9%を占め、コンサルティング/診断サービスが2,280億円で40.5%、周辺サービスが939億円で16.7%となった。サービス全体では前年から5.9%の増加、もっとも伸び率が高かったのはマネージド・運用サービスで12.7%増加した。

《ScanNetSecurity》

編集部おすすめの記事

特集

調査・レポート・白書・ガイドライン アクセスランキング

  1. 半数の中小企業経営者、セキュリティ対策の必要性「感じたことがない」

    半数の中小企業経営者、セキュリティ対策の必要性「感じたことがない」

  2. SPF / DKIM / DMARC はどう機能したか ~ フィッシングメール 596 件対象に分析

    SPF / DKIM / DMARC はどう機能したか ~ フィッシングメール 596 件対象に分析

  3. 日経225企業 9割 DMARC導入も「quarantine」「reject」設定は 26.8%、ワンクリック購読解除利用率は 77.7%

    日経225企業 9割 DMARC導入も「quarantine」「reject」設定は 26.8%、ワンクリック購読解除利用率は 77.7%

  4. 2023年にネットバンキングの不正送金が急増した理由

  5. フィッシングサイトのドメイン「workers.dev 」急増、デジタルアーツ調査

  6. 10代の9人に1人が詐欺等の被害、ワンクリック詐欺が最多

  7. 法人向けセキュリティ市場予測、2027年1兆3,000億円

  8. 7月のフィッシング報告状況、「.cn ドメイン」のフィッシングメールを多く確認

  9. JIPDEC「個人情報取扱い事故報告」2022年版、最多原因「手順やルールに違反した作業や操作」

  10. フィッシングサイトのドメイン「top」が最多、デジタルアーツ調査

アクセスランキングをもっと見る

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×