取締役会の9割超がサイバー攻撃対策に関心 8割超がセキュリティ増員 ~ フォーティネット調査 | ScanNetSecurity
2024.07.22(月)

取締役会の9割超がサイバー攻撃対策に関心 8割超がセキュリティ増員 ~ フォーティネット調査

 フォーティネットジャパン合同会社は6月1日、「サイバーセキュリティスキルギャップレポート 2023年版」を発表した。

調査・レポート・白書・ガイドライン
【設問】増加するサイバー攻撃に対する組織の防御策が取締役会の議題になったことはありますか?
  • 【設問】増加するサイバー攻撃に対する組織の防御策が取締役会の議題になったことはありますか?
  • 必要なサイバーセキュリティスキルのトップ5 VS 補充したい職種のトップ5

 フォーティネットジャパン合同会社は6月1日、「サイバーセキュリティスキルギャップレポート 2023年版」を発表した。

 同レポートは2022年11月に、29の国・地域(アルゼンチン、オーストラリア、ブラジル、カナダ、コロンビア、フランス、ドイツ、香港、インド、インドネシア、イスラエル、イタリア、日本、マレーシア、メキシコ、オランダ、ニュージーランド、中国、フィリピン、シンガポール、南アフリカ、韓国、スペイン、スウェーデン、台湾、タイ、アラブ首長国連邦、英国、米国)のITおよびサイバーセキュリティ関連の意思決定者1,855人を対象に、 Sapio Research が実施したオンラインインタビューとメール調査の回答に基づいている。

 同レポートによると、84%の組織で過去12ヵ月間に1件以上のサイバーセキュリティ侵害が発生し、前年の80%から増加しており、年間5件以上の侵害が発生した組織は2021年から2022年の間に53%も増加したことが判明している。

 同レポートではセキュリティ侵害が増加したことの影響として、人手が足りないサイバーセキュリティチームが負担やしわ寄せを受け、組織のデバイスやデータを適切に保護するために、毎日数千件に及ぶアラートへの対処や多種多様なソリューションの管理に追われていることを取り上げている。

 また65%の組織は、今後12ヶ月間でサイバー攻撃が増加すると予測しており、組織のセキュリティ態勢の強化のために、重要なサイバーセキュリティ職の人員を補充する必要性が高まっていると指摘している。

 過去12ヶ月間に侵害を受けた企業の約半数(48%)が、修復に100万ドル超のコストがかかったと回答しっており、前年度レポートの38%から増加していることが明らかになった。

 同レポートによると、取締役会の9割以上(93%)が組織のサイバー攻撃対策に関心を示していることが判明しており、加えて83%の取締役会がITセキュリティスタッフの増員を提案していることからも、セキュリティ人材への需要が浮き彫りになっているとしている。

 また同レポートで、必要なサイバーセキュリティスキルを尋ねたところ、クラウドセキュリティが46%でトップとなり、サイバー脅威インテリジェンスが37%、マルウェア分析が34%と続いた。補充したい職種でもクラウドセキュリティが44%でットップとなっている。

《高橋 潤哉》

編集部おすすめの記事

特集

調査・レポート・白書・ガイドライン アクセスランキング

  1. 迷惑メール対策推進協議会「送信ドメイン認証技術 DMARC導入ガイドライン」公表

    迷惑メール対策推進協議会「送信ドメイン認証技術 DMARC導入ガイドライン」公表

  2. 7月のフィッシング報告状況、「.cn ドメイン」のフィッシングメールを多く確認

    7月のフィッシング報告状況、「.cn ドメイン」のフィッシングメールを多く確認

  3. JIPDEC「個人情報取扱い事故報告」2022年版、最多原因「手順やルールに違反した作業や操作」

    JIPDEC「個人情報取扱い事故報告」2022年版、最多原因「手順やルールに違反した作業や操作」

  4. 「ポケモンGO」利用実態調査、歩きスマホをしたユーザーは34.0%に(MMD研究所)

  5. SNSに起因する被害を受けた18歳未満は1,819人に、Twitterが全体の35.3%に

  6. NRIセキュア「企業における情報セキュリティ実態調査 2023」公表、日本の生成 AI 導入済企業 18.0%

  7. 2023年にネットバンキングの不正送金が急増した理由

  8. パスワードを使いまわす人は4~5割、自分で記憶や紙にメモが2トップ

  9. ネット詐欺体験エピソード、フィッシング詐欺に関するものが半数近くを占める

  10. 業種別セキュリティレベルはIT、官公庁が高得点、ただし対策は不十分(トレンドマイクロ)

アクセスランキングをもっと見る

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×