JTBが観光庁補助事業者として実施した業務でクラウド誤設定、申請書類が閲覧可能に | ScanNetSecurity
2024.02.23(金)

JTBが観光庁補助事業者として実施した業務でクラウド誤設定、申請書類が閲覧可能に

 株式会社JTBは10月25日、観光庁の補助事業者として実施する「地域独自の観光資源を活用した地域の稼げる看板商品の創出事業」業務での個人情報漏えいについて発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい

 株式会社JTBは10月25日、観光庁の補助事業者として実施する「地域独自の観光資源を活用した地域の稼げる看板商品の創出事業」業務での個人情報漏えいについて発表した。

 これは「地域独自の観光資源を活用した地域の稼げる看板商品の創出事業」業務のために、観光庁や同事業への応募、申請等を行う事業者(間接補助事業者)との情報共有を目的に、当該関係者にログイン権限を限定したクラウドサービスを利用していたが、本来は申請を行った間接補助事業者が自社の申請書以外にアクセスできない仕様とすべきところ、当該クラウドサービス内に格納したデータへの個別アクセス権限を誤設定したことで、間接補助事業者で相互に申請書類等が閲覧可能な状態となったというもの。


《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×