2020年度の情報セキュリティ市場は1兆2,657億円に、JNSA調査 | ScanNetSecurity
2022.10.07(金)

2020年度の情報セキュリティ市場は1兆2,657億円に、JNSA調査

特定非営利活動法人日本ネットワークセキュリティ協会(JNSA)は7月25日、セキュリティ市場調査ワーキンググループによる「2021年度 国内情報セキュリティ市場調査報告書」を発表した。

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー

 特定非営利活動法人日本ネットワークセキュリティ協会(JNSA)は7月25日、セキュリティ市場調査ワーキンググループによる「2021年度 国内情報セキュリティ市場調査報告書」を発表した。近年の国内情報セキュリティ市場の変化を鑑み、2019年度からセキュリティ区分、調査内容の見直しを行い【新分類】の成果物として公開、2021年度も【新分類】の調査様式で市場調査を行っている。

 同調査では、セキュリティ市場をツールとサービスに分けており、新分類による2020年度の情報セキュリティ市場は、ツール市場が7,335億円、サービス市場が5,322億円で、合計1兆2,657億円となった。2021年度の予測値は、ツール市場が7,855億円、サービス市場が5,807億円で、合計1兆3,663億円とみている。さらに2022年度の予測値は、ツール市場が8,327億円、サービス市場が6,161億円で、合計1兆4,489億円になると予測している。

 2020年の情報セキュリティツール市場では、ネットワーク防御・検知/境界線防御製品が2,297億円で31.3%を占め、エンドポイント保護管理製品が2,124億円で29.0%、コンテンツセキュリティ対策製品が1,814億円で24.7%と3製品が拮抗。アイデンティティ・アクセス管理製品は1,099億円で15.0%となっている。ツール全体では前年から11.3%の増加、もっとも伸び率が高かったのはエンドポイント保護管理製品で26.1%増加した。

 2019年の情報セキュリティサービス市場では、コンサルティング/診断サービスが2,270億円で42.7%を占め、マネージド・運用サービスが2,145億円で40.3%、周辺サービスが906億円で17.0%となった。サービス全体では前年から14.5%の増加、もっとも伸び率が高かったのはコンサルティング/診断サービスで28.9%増加した。

《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×