Redis の Lua スクリプティング機能におけるサンドボックス機構が回避可能となる脆弱性(Scan Tech Report) | ScanNetSecurity
2024.06.19(水)

Redis の Lua スクリプティング機能におけるサンドボックス機構が回避可能となる脆弱性(Scan Tech Report)

2022 年 1 月に、データベースソフトウェアである Redis に遠隔からの任意のコード実行が可能となる脆弱性が報告されています。

脆弱性と脅威
Redis の Lua スクリプティング機能におけるサンドボックス機構が回避可能となる脆弱性(Scan Tech Report)

◆概要
 2022 年 1 月に、データベースソフトウェアである Redis に遠隔からの任意のコード実行が可能となる脆弱性が報告されています。攻撃者が脆弱性の悪用に成功した場合は、Redis が稼働しているサーバへの侵入が可能となります。ソフトウェアのアップデートにより対策してください。

◆分析者コメント
 本脆弱性は Redis の中でも Debian または Ubuntu 向けのパッケージにのみ存在する脆弱性です。Redis の Lua スクリプティング機能が使用できるユーザであれば容易に悪用可能な脆弱性であるため、Debian または Ubuntu を用いて Redis サーバを利用している場合は早急に対策してください。

◆深刻度(CVSS)
10.0
https://nvd.nist.gov/vuln-metrics/cvss/v3-calculator?name=CVE-2022-0543&vector=AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:C/C:H/I:H/A:H&version=3.1&source=NIST

◆影響を受けるソフトウェア
 Redis のバージョン 4 より新しく 6.1 より古いもののうち、以下のバージョンの Debian または Ubuntu 向けのパッケージが影響を受けます。

+ Debian
- Debian 9.0
- Debian 10.0
- Debian 11.0

+ Ubuntu
- Ubuntu 20.04 LTS
- Ubuntu 21.10

◆解説
 NoSQL データベースソフトウェアである Redis に、遠隔からの任意のコード実行に悪用可能な脆弱性が報告されています。


《株式会社ラック デジタルペンテスト部》

編集部おすすめの記事

特集

脆弱性と脅威 アクセスランキング

  1. GLAYの偽ライブ生配信 生中継騙るフィッシングサイトに注意呼びかけ

    GLAYの偽ライブ生配信 生中継騙るフィッシングサイトに注意呼びかけ

  2. 日本学生支援機構の職員を装った詐欺に注意を呼びかけ、4つの事例も紹介(JASSO)

    日本学生支援機構の職員を装った詐欺に注意を呼びかけ、4つの事例も紹介(JASSO)

  3. PlayStation公式になりすましたアカウントに注意喚起、個人情報要求DMも

    PlayStation公式になりすましたアカウントに注意喚起、個人情報要求DMも

  4. KDDI 製ホームゲートウェイ HGW BL1500HM に複数の脆弱性

  5. 複数のTP-Link製品にOSコマンドインジェクションの脆弱性

  6. ESXiを標的としたランサムウェア攻撃、2日間で3,195台の被害を確認

  7. ディープフェイクか 専務の声を模倣する着電 ~ J-CSIP が 2023年1Q の BEC 事例公開

  8. ロリポップ!問い合せフォームの自動返信機能を悪用したスパム配信に注意喚起

  9. 中国セキュリティ企業、日本へのサイバー攻撃事例投稿ほか ~ 2019 年 7 月のふりかえり [Scan PREMIUM Monthly Executive Summary]

  10. 「WhatsApp」の通知を装うスパムメールを確認、標的はモバイル端末(トレンドマイクロ)

アクセスランキングをもっと見る

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×