JAL100%子会社のZIPAIR Tokyoで振替便の案内を誤送信、94名のメールアドレスが流出 | ScanNetSecurity
2024.04.15(月)

JAL100%子会社のZIPAIR Tokyoで振替便の案内を誤送信、94名のメールアドレスが流出

 日本航空株式会社(JAL)の100%子会社である株式会社ZIPAIR Tokyoは4月29日、誤送信によるメールアドレス流出について発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい

 日本航空株式会社(JAL)の100%子会社である株式会社ZIPAIR Tokyoは4月29日、誤送信によるメールアドレス流出について発表した。

 これは4月28日出発のZG52便に予約した顧客に対し、振替便に関する案内をメール送信する際に、確認作業を怠り誤って宛先を「To」形式で4月29日午後2時34分頃に一斉送信したため、同報者にメールアドレスが表示されたというもの。


《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×