羽田空港のFace Expressシステム運用再委託先の元社員が個人情報を社外に持ち出し | ScanNetSecurity
2024.06.21(金)

羽田空港のFace Expressシステム運用再委託先の元社員が個人情報を社外に持ち出し

 日本空港ビルデング株式会社は4月8日、社外への個人情報の不正持ち出しについて発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい

 日本空港ビルデング株式会社は4月8日、社外への個人情報の不正持ち出しについて発表した。

 これは羽田空港の国際線の旅客ターミナルを管理・運営する東京国際空港ターミナル株式会社とその業務委託先である日本空港ビルデングが、Face Express(顔認証技術による搭乗手続き)のシステム運用を再委託するエアリンク社(米国)から、同社の元社員が管理者権限を悪用し、不正な手法で個人情報を社外に持ち出した旨の報告があったというもの。


《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×