OpenSSLのlibsslにX509_verify_cert()内部エラーの不正な処理 | ScanNetSecurity
2022.01.29(土)

OpenSSLのlibsslにX509_verify_cert()内部エラーの不正な処理

独立行政法人情報処理推進機構(IPA)および一般社団法人JPCERT コーディネーションセンター(JPCERT/CC)は12月16日、OpenSSLのlibsslにおけるX509_verify_cert()内部エラーの不正な処理について「Japan Vulnerability Notes(JVN)」で発表した。

脆弱性と脅威 セキュリティホール・脆弱性

 独立行政法人情報処理推進機構(IPA)および一般社団法人JPCERT コーディネーションセンター(JPCERT/CC)は12月16日、OpenSSLのlibsslにおけるX509_verify_cert()内部エラーの不正な処理について「Japan Vulnerability Notes(JVN)」で発表した。影響を受けるシステムは以下の通り。

OpenSSL 3.0.0 SSL/TLS クライアント

 OpenSSLのlibsslは、クライアント側でサーバ証明書の検証を行う際に、X509_verify_cert()関数を呼び出すが、この関数内でメモリ不足が発生した場合などに、内部エラーを示す負の値が戻され、OpenSSLでは、負の戻り値の処理に問題があり、結果として、OpenSSLを利用するアプリケーション側にアプリケーションが予期していない戻り値(SSL_ERROR_WANT_RETRY_VERIFY)を返すことになり、アプリケーションが正常に動作しない可能性がある。

 想定される影響としては、アプリケーションによって異なるが、クラッシュ、無限ループ、その他の不正な動作、OpenSSL 3.0の別のバグと組み合わせることで、攻撃者によってアプリケーションが誤った動作をさせられる可能性がある。

 開発者では、本脆弱性への対策版としてOpenSSL 3.0.1をリリースしており、最新版へアップデートを呼びかけている。

《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×