非識別化と再識別化:後編「企業のデータスキャンダルの新しい火種」 | ScanNetSecurity
2021.12.06(月)

非識別化と再識別化:後編「企業のデータスキャンダルの新しい火種」

この込み入った状況を打開する理論的な方法はのひとつは、個人の身元を明らかにするようなデータをひたすら取り除き続けることだ。しかし、データを削除するたびに、データセットの価値が下がってしまうとイールケ・ボイテン教授は警告する。

国際

編集部おすすめの記事

特集

国際 アクセスランキング

  1. EFF、スパイ型の広告をブロックするブラウザ拡張機能「Privacy Badger」を発表

    EFF、スパイ型の広告をブロックするブラウザ拡張機能「Privacy Badger」を発表

  2. ユーザーを売るために、Webサイトはいかにしてブラウザを利用するか~商品にされるのを避ける方法を(不本意ながら)お教えしよう(1) (The Register)

    ユーザーを売るために、Webサイトはいかにしてブラウザを利用するか~商品にされるのを避ける方法を(不本意ながら)お教えしよう(1) (The Register)

  3. 中国データセキュリティ規則新草案~「北京の意図を見極めるまで中国系テック企業には投資しない(シンガポール政府系投資ファンド)」

    中国データセキュリティ規則新草案~「北京の意図を見極めるまで中国系テック企業には投資しない(シンガポール政府系投資ファンド)」

  4. NSAがTorユーザーやプライバシーに関心の高い市民をリスト化(The Register)

  5. ウクライナの違法な仮想通貨のマイニング工場を摘発、PS4など3,800台のゲーム機を押収

  6. ゲームのソースコード窃盗犯を逮捕

  7. SCAN DISPATCH :エンジニア喉手のDefCon入場バッジ、eBayで$335で落札

  8. Qualys にランサムウェア攻撃

  9. Ruckus Societyが活動家の技術キャンプのボランティアと機材を募集

  10. スパム3業者に10億ドル以上の賠償命令

アクセスランキングをもっと見る

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×