非識別化と再識別化:後編「企業のデータスキャンダルの新しい火種」 | ScanNetSecurity
2023.02.07(火)

非識別化と再識別化:後編「企業のデータスキャンダルの新しい火種」

この込み入った状況を打開する理論的な方法はのひとつは、個人の身元を明らかにするようなデータをひたすら取り除き続けることだ。しかし、データを削除するたびに、データセットの価値が下がってしまうとイールケ・ボイテン教授は警告する。

国際
非識別化と再識別化:後編「企業のデータスキャンダルの新しい火種」
  • 非識別化と再識別化:後編「企業のデータスキャンダルの新しい火種」
前編

 複数のデータセットが利用可能になると、再識別化の問題はさらに深刻になるとワン氏は警告する。「複数のソースから収集しても、お互いに関連付けられる情報はたくさんあります」と彼女は言う。個別に見ると問題のないように見えるデータセットでも、組み合わせることでその情報を相互参照することができる。「そうすると、驚くような情報が数多く判明するのです。」

 英 ICO が独自の「匿名化規範ガイド」(アノニマイゼーション・コード)(PDF)で概説しているように、問題は、自分に関して他にどのようなデータが出回っているのかわからないし、それが誰かしらによって匿名データセットとどのようにマッピングされるかも、決してわからないということだ。また、明日どのようなデータが表面化するのか、再識別化技術がどのように進化するのかも定かではない。データブローカーが、所有者の知らないところで位置情報・アクセスデータを容易く販売していることも、危険性を高めている。
《The Register》

編集部おすすめの記事

特集

国際 アクセスランキング

  1. 12年間子供たちをサイバー脅威から守る ~ CISA、教育機関向けレポートとツールキット公開

    12年間子供たちをサイバー脅威から守る ~ CISA、教育機関向けレポートとツールキット公開

  2. 伝説的ハッカーグループ出身者が大統領候補に(The Register)

    伝説的ハッカーグループ出身者が大統領候補に(The Register)

  3. アメリカの無人ステルス飛行機をイランがGPSハッキングによりハイジャックか~電子戦争が成熟(The Register)

    アメリカの無人ステルス飛行機をイランがGPSハッキングによりハイジャックか~電子戦争が成熟(The Register)

  4. ハッカー、ビンラディン氏の銀行口座情報を窃取?(英国)

  5. ランサムウェア攻撃の身代金は支払わない傾向、攻撃者 収入半減

  6. マイクロソフト「警告を受けなかったと言わせない」Basic 認証無効化期限迫る

  7. 生理アプリのデータ販売を違法にする法案提出、診療所周辺のジオフェンシングも禁止

  8. ハッカー集団「中国紅客聯盟」創始者、10年ぶり復活を宣言(Far East Research)

  9. 闇市場Webサイト「Silk Road」の閉鎖を発表、FBIが同サイトの管理人を逮捕(トレンドマイクロ)

  10. 破壊力を持つJHC.1634ウイルスが発見される

アクセスランキングをもっと見る

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×