非識別化と再識別化:前編「研究者間でスポーツ競技化する再識別化」 | ScanNetSecurity
2021.11.29(月)

非識別化と再識別化:前編「研究者間でスポーツ競技化する再識別化」

データを匿名化することを「非識別化」というが、これを適切に行うことは見かけ以上に難しいと、UCLA のコンピュータサイエンス教授でスケーラブル・アナィティクス・インスティチュートのディレクターであるウェイ・ワン氏は言う。

国際

編集部おすすめの記事

特集

国際 アクセスランキング

  1. もし我が社が米諜報機関からサイバー攻撃されたら ~ 某旅行予約サイトの対応

    もし我が社が米諜報機関からサイバー攻撃されたら ~ 某旅行予約サイトの対応

  2. インフルエンザ受診患者数、推計66万人(厚生労働省)

    インフルエンザ受診患者数、推計66万人(厚生労働省)

  3. BCCメール誤送信、罰金150万円

    BCCメール誤送信、罰金150万円

  4. SCAN DISPATCH :Cyber Crime USA、米国にあった犯罪ISPの全貌

  5. CrowdStrike Blog:マルウェア不要、台頭する「自給自足型攻撃」とは?

  6. CrowdStrike Blog:APT 攻撃に立ち向かう~世界のサイバー攻撃者リスト

  7. ソーシャルエンジニアリングに屈したフィンテック企業 ~ 人気の投資アプリで顧客データ大規模漏えい

  8. ボーイングがCHAMPミサイル・マイクロ波攻撃でPCを攻撃〜通電不能にするもIT管理は無傷(The Register)

  9. CrowdStrike Blog:「サイバー界のAK47」、Mimikatzを利用したシグネチャベースの検知回避

  10. 横河電機の「CENTUM」「Exaopc」にアラームの偽造などを受ける脆弱性(JVN)

アクセスランキングをもっと見る

★★10/8~11/30迄 創刊23周年記念価格提供中★★
★★10/8~11/30迄 創刊23周年記念価格提供中★★

2021年10月8日(金)~11月30日(火) の間 ScanNetSecurity 創刊23周年記念価格で提供。

×