ラネクシーPrizmDocのプロダクトサイトが改ざん被害、アクセスすると海外サイトへ移動 | ScanNetSecurity
2021.09.17(金)

ラネクシーPrizmDocのプロダクトサイトが改ざん被害、アクセスすると海外サイトへ移動

株式会社ラネクシーは9月7日、同社が運営するPrizmDocのプロダクトサイトの第三者からの一部改ざんが判明したと発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
 株式会社ラネクシーは9月7日、同社が運営するPrizmDocのプロダクトサイトの第三者からの一部改ざんが判明したと発表した。

 これは8月29日午後10時30分頃から8月31日20時20分頃まで、同社が運営するPrizmDocのプロダクトサイト(https://www.prizmdoc.jp/)へのアクセス時に、海外の販売サイトへ自動的に移動するようコードが改ざんされていたというもの。

 同社では現在、改ざん前の状態に復元し、当該サイトは正常に動作している。また、当該サイトは顧客情報を保管していないため情報流出はなく、サイト移動以外は顧客の環境に影響がないことを確認しているため、改ざん期間中に当該サイトへアクセスした顧客も特別な対応は不要とのこと。

 なお、同社の他サイトは別領域で管理しているため影響はない。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×