患者の個人情報を含んだ書類を無断持ち帰り、個人売買時に緩衝剤として使用 | ScanNetSecurity
2024.06.23(日)

患者の個人情報を含んだ書類を無断持ち帰り、個人売買時に緩衝剤として使用

東邦大学医療センター大森病院は8月24日、同院の看護師による患者の個人情報漏えいについて発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
 東邦大学医療センター大森病院は8月24日、同院の看護師による患者の個人情報漏えいについて発表した。

 これは同院の看護師が、患者の個人情報を含んだ業務文書を無断で自宅に持ち帰り、個人売買の商品を扱う際に業務文書を緩衝材として使用したというもの。8月13日に、患者の個人情報が多数書き込まれた文書が緩衝材として詰め込まれていたと同院に連絡があり発覚した。

 漏えいしたのは、14名分の患者氏名、病名、病棟ケア内容など。

 同院では対象の患者に対し、状況説明と謝罪の文書を送付している。

 同院では個人情報保護委員会に報告を行っている。

 同院では再発防止策として、全職員に個人情報保護の徹底について、本件を周知確認するとともに注意喚起を行ったとのこと。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×