東京海上ホールディングスのシンガポールグループ会社にランサムウェア攻撃 | ScanNetSecurity
2023.02.04(土)

東京海上ホールディングスのシンガポールグループ会社にランサムウェア攻撃

東京海上ホールディングス株式会社は8月16日、シンガポールのグループ会社に対するサイバー攻撃について発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
 東京海上ホールディングス株式会社は8月16日、シンガポールのグループ会社に対するサイバー攻撃について発表した。

 これはシンガポールにある同社グループ会社のTokio Marine Insurance Singapore Ltd.(TMiS)に対し、ランサムウェアによるサイバー攻撃が判明したというもの。

 TMiSでは本被害を把握後、ネットワークの遮断措置等を実施し被害拡大を防止するとともに、現地行政機関や捜査当局に対し必要な報告及び届出を行っている。

 同社グループでは本件を受け、被害内容の特定に努めているが、現時点で顧客情報や同社グループの機密情報等の流出は確認されていない。なお、本件攻撃はTMiSに限定されており、同社グループの他の会社に影響はない。

 同社グループでは引き続き、外部の専門機関を起用し調査を進めるとのこと。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×