サイバートラスト、Linux サーバ長期利用支援「Linux 脆弱性メンテナンス・サービス」提供 | ScanNetSecurity
2021.09.25(土)

サイバートラスト、Linux サーバ長期利用支援「Linux 脆弱性メンテナンス・サービス」提供

サイバートラスト株式会社は8月10日、Linux サーバのセキュアな長期利用を支援する「Linux 脆弱性メンテナンス・サービス」を同日からの提供開始を発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 サイバートラスト株式会社は8月10日、Linux サーバのセキュアな長期利用を支援する「Linux 脆弱性メンテナンス・サービス」を同日からの提供開始を発表した。

 本サービスは、同社が持つ Linux OS のカーネルの知識や Linux ディストリビューターとして培ったノウハウを活用し、「脆弱性アセスメント」と「脆弱性アラート通知」を標準のサービスメニューとして提供する。

 「脆弱性アセスメント」では、塩漬けされた Linux 中心のシステム環境について、重要サーバに潜在する脆弱性の診断と分析、周辺ネットワーク環境のヒアリングと調査を実施し、的確な設定変更と修正パッチの適用による潜在的なリスクへの対処と、未知の脆弱性への対策を提案する。また「脆弱性アラート通知」では、対象サーバに関連する脆弱性が発生した場合にメール通知を行う。

 さらに本サービスの標準メニュー実施後のオプションとして、脆弱性管理の優先度定義やソフトウェアの脆弱性管理を自動化・効率化する脆弱性管理ソリューション「MIRACLE Vul Hammer」の導入支援のメニューを提供、またDX に向けた既存システムのクラウドやコンテナへ切り替え、継続的インテグレーション(CI)や継続的デリバリー(CD)の実現についても個別にコンサルティングを行う。

 対象 OSはCentOS 5/6/7、Red Hat Enterprise Linux 5/6/7、MIRACLE LINUX 5/6/7で、標準メニューの価格は240万円/年(税抜)。
《高橋 潤哉( Junya Takahashi )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×