PHPMailer を使用したシステムで不具合、メール連続送信時に「CC」欄のアドレスがクリアされず | ScanNetSecurity
2024.07.18(木)

PHPMailer を使用したシステムで不具合、メール連続送信時に「CC」欄のアドレスがクリアされず

京都大学学生総合支援センターは7月29日、システムの不具合によるメールの誤送信での個人情報流出について発表した。

インシデント・事故
トップページ
  • トップページ
  • リリース(京都大学学生総合支援センターによる個人情報の流出について)
  • リリース(事案の詳細について)
  • リリース(再発防止への取り組み)
  • リリース(別紙)
 京都大学学生総合支援センターは7月29日、システムの不具合によるメールの誤送信での個人情報流出について発表した。

 これは4月20日午後3時5分から9分頃に、学生総合支援センターサポートルームで3月に導入したシステム(企業等データベース)を使用して、6月開催予定の「2021 京都大学夏のキャリアフォーラム」への参加案内メール計726社、742名分を送信したところ、当該システムの不具合でそのうち658名宛てのメールの「CC」欄に他社のメールアドレスが最大16名分記載された状態で送信されたというもの。

 これにより658名のメール受信者が、CCに入力された1~16名分のメールアドレスが閲覧できる状態となり、またCCに入力された1~16名が最大658通のメールを受信し、メールに記載された企業名、部署名、担当者氏名、メールアドレスが閲覧できる状態となった。

 同センターでは同日午後4時24分頃から、当該システムでメール送信した計726社、742名の担当者に対しメールにて謝罪を行うとともに、誤送信について原因調査中である旨と当該メールの破棄を依頼した。

 同センターで本事案が発生した原因を調査したところ、当該システムの仕様ではメール送信ライブラリ(PHPMailer)のメール送信コマンドによってメール送信する際に、1つの企業に複数のメールアドレスが登録されている場合は、1つ目のメールアドレスが「TO」欄に、2つ目以降のメールアドレスが「CC」欄に入力されるようになっているが、当該システムで複数の企業に連続してメール送信する場合、「TO」欄と「CC」欄に入力されたメールアドレスが、メール送信1件(1社)ごとにクリアされるべきところ、本件では「CC」欄に入力されたメールアドレスがクリアされず、メール送信の度に「CC」欄のメールアドレスが増え、最終的には16名分のメールアドレスが「CC」欄に入力された状態でメール送信されていた。

 実際の処理では、1社目から67社目までのデータには1つのメールアドレスしか登録がなく、68社目のデータに2つのメールアドレスの登録があり、初めて「CC」欄にメールアドレスが入力され、69社目以降は「CC」欄のメールアドレスがクリアされずに、658通のメールで他社のメールアドレスが「CC」欄に入力された。

 同センターでは、当該システムによる連続メール送信機能の使用を中止し、開発業者にプログラムの修正を指示、今後はイベントの開催案内送付時は、当該システムの連続メール送信機能は使用せずに本文への個人名などの記載を控えたうえで、「BCC」欄への入力で一斉メール送信し、複数人によるチェックを行う。さらに今後は、メーリングリストによる運用を含め、安全に配慮したメール送信を実施するとのこと。
《ScanNetSecurity》

編集部おすすめの記事

特集

インシデント・事故 アクセスランキング

  1. イセトーへのランサムウェア攻撃で日本生命保険の個人情報が漏えい

    イセトーへのランサムウェア攻撃で日本生命保険の個人情報が漏えい

  2. 新日本製薬にランサムウェア攻撃、全ての業務は通常通り稼働

    新日本製薬にランサムウェア攻撃、全ての業務は通常通り稼働

  3. 2021年の「不正アクセスによる情報流出の可能性に関するお詫びとお知らせ」を2024年9月30日に削除 ~ 丸紅パワー&インフラシステムズ

    2021年の「不正アクセスによる情報流出の可能性に関するお詫びとお知らせ」を2024年9月30日に削除 ~ 丸紅パワー&インフラシステムズ

  4. イセトーへのランサムウェア攻撃で東海信金ビジネスの個人情報が漏えい

  5. JAXA への不正アクセスによる情報漏えい、未知のマルウェア使用で侵害の検知を困難に

  6. 「WelcomeHR」サイバー保険に加入

  7. 日本生命保険の元社員を威力業務妨害の容疑で逮捕

  8. イセトーへのランサムウェア攻撃で豊田市の推定 42 万人分の個人情報が漏えい、被害発生時は契約に基づき対応

  9. 自動車用車体プレス部品の製造等を行う J-MAX の連結子会社に不正アクセス、生産や出荷に影響はなし

  10. ニシオホールディングスグループにサイバー攻撃、システム障害が発生

アクセスランキングをもっと見る

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×