サイバーソリューションズ、自治体向けメール無害化ソリューション「CyberMail-CDR」を提供開始 | ScanNetSecurity
2021.08.06(金)

サイバーソリューションズ、自治体向けメール無害化ソリューション「CyberMail-CDR」を提供開始

サイバーソリューションズ株式会社は7月14日、自治体向けメール無害化ソリューション「CyberMail-CDR」を同日より提供開始すると発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 サイバーソリューションズ株式会社は7月14日、自治体向けメール無害化ソリューション「CyberMail-CDR」を同日より提供開始すると発表した。同製品の対象となる自治体では、サイバーセキュリティ強化対策として、インターネット接続可能ネットワークと基幹系ネットワークとを分離する「ネットワーク分離」の実施が国から求めらている。

 「CyberMail-CDR」は、自治体のインターネットセグメント側で受信したメールをHTMLメールのテキストに変換することや、URLリンク無効化などのメール無害化処理を行った上で、安全な状態で基幹系ネットワーク環境に送信する機能に加え、無害化処理前の原本メールをユーザー単位で保存及び閲覧できる。

 2020年12月に総務省が策定の「地方公共団体における情報セキュリティポリシーに関するガイドライン」が改定され、メールのみならずメールに添付されたファイルの無害化も求められているが、同製品ではOPSWAT社の「MetaDefender Core」、川口弘行社の「Sanitizer」、Votiro社の「Votiro Disarmer」、プロット社の「Fast Sanitizer」と連携し、添付ファイルの無害化も実施可能となっている。

 また、従来のネットワーク分離方式である「αモデル」における受信メールの無害化転送に加えて、「βモデル」では、LG-WAN(総合行政ネットワーク)網向けの送信メールの無害化転送にも対応している。

 同製品はオンプレミス製品だが、クラウド版も提供もしており、自治体側の環境に合わせて選択が可能。同社のメールソリューションはこれまで、200団体以上の自治体に導入されている。
《高橋 潤哉( Junya Takahashi )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×