横浜市、165名の新型コロナ患者の氏名 感染経路 集団名等 疫学情報を28のマスコミにFAX送信 | ScanNetSecurity
2024.07.18(木)

横浜市、165名の新型コロナ患者の氏名 感染経路 集団名等 疫学情報を28のマスコミにFAX送信

神奈川県横浜市は7月11日、同市内における新型コロナウイルス感染症患者の情報を誤送信したと発表した。

インシデント・事故
トップページ
  • トップページ
  • リリース(市内における新型コロナウイルス感染症患者様の情報の誤送信について)
  • リリース(お問合せ先)
 神奈川県横浜市は7月11日、同市内における新型コロナウイルス感染症患者の情報を誤送信したと発表した。

 これは7月11日午後4時30分頃に、同市内で新たに新型コロナウイルスに感染した患者165名の記者発表用資料を報道各社にFAX送信する際に、誤って患者の個人情報を含む別資料を送信したというもの。同日4時45分頃に、報道機関から個人情報が含まれる資料が送信されたと連絡があり発覚した。

 流出したのは、患者の氏名、住民登録区、発症日、その他疑われる感染経路・集団名等の疫学情報で、報道各社28箇所に送信した。記者発表資料を報道各社にFAXする際は通常、ダブルチェックをしていたが、当日はダブルチェックせずに送信してしまった。

 同市では報道各社に訪問し誤送信した資料の回収を開始している。

 同市では対象の患者に同日から順次、電話にて状況説明と謝罪を行う。

 同市では今後、FAX送信の際はダブルチェックを徹底し、送信する資料に誤りがないことを確認するとのこと。
《ScanNetSecurity》

編集部おすすめの記事

特集

インシデント・事故 アクセスランキング

  1. イセトーへのランサムウェア攻撃で日本生命保険の個人情報が漏えい

    イセトーへのランサムウェア攻撃で日本生命保険の個人情報が漏えい

  2. 2021年の「不正アクセスによる情報流出の可能性に関するお詫びとお知らせ」を2024年9月30日に削除 ~ 丸紅パワー&インフラシステムズ

    2021年の「不正アクセスによる情報流出の可能性に関するお詫びとお知らせ」を2024年9月30日に削除 ~ 丸紅パワー&インフラシステムズ

  3. 新日本製薬にランサムウェア攻撃、全ての業務は通常通り稼働

    新日本製薬にランサムウェア攻撃、全ての業務は通常通り稼働

  4. 日本生命保険の元社員を威力業務妨害の容疑で逮捕

  5. ニシオホールディングスグループにサイバー攻撃、システム障害が発生

  6. 映画特別試写会の応募専用フォームで個人情報が閲覧可能に

  7. 浪江町職員が不正アクセスで逮捕

  8. 個人情報保護委員会、東京電力グループ 3 社に行政指導

  9. 「悪質な情報拡散を行う者には徹底的な法的措置」KADOKAWA グループへのランサムウェア攻撃

  10. KADOKAWA グループへのランサムウェア攻撃、角川ドワンゴ学園に関する一部情報も漏えい

アクセスランキングをもっと見る

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×