龍谷大学Webサイトが改ざん被害、研究関連のページ検索で学外サイトに遷移 | ScanNetSecurity
2024.02.23(金)

龍谷大学Webサイトが改ざん被害、研究関連のページ検索で学外サイトに遷移

龍谷大学は7月7日、同学Webサイトの一部改ざんについて発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
 龍谷大学は7月7日、同学Webサイトの一部改ざんについて発表した。

 これは6月25日午前10時30分頃に、同学Webサイトの研究関連のページを検索すると学外の無関係なサイトにページ移動する等の異常を発見し、被害状況を確認したところ同学の研究関連のWebサイトの一部が、第三者からの不正アクセスで改ざんされたことが判明したというもの。

 同学では7月2日に、該当する研究関連のWebサイトへの学外からの通信を遮断、引き続き調査を行っているが、現時点では改ざん以外の問題は確認されていない。

 なお同学では2020年8月末から9月にかけて、龍谷大学生活協同組合の使用するパソコンがEmotetに感染し、メール本文やメールアドレスの流出したことを公表している。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×