ASPIC、新たに 4 件のクラウドサービスを安全性 信頼性に関する情報を正しく開示していると認定 | ScanNetSecurity
2022.05.25(水)

ASPIC、新たに 4 件のクラウドサービスを安全性 信頼性に関する情報を正しく開示していると認定

一般社団法人ASP・SaaS・AI・IoTクラウド産業協会(ASPIC)は4月2日、クラウドサービスの安全・信頼性に係る情報開示認定機関として、申請された4件のクラウドサービスを3月31日付で新たに認定したと発表した。

製品・サービス・業界動向 業界動向
一般社団法人ASP・SaaS・AI・IoTクラウド産業協会(ASPIC)は4月2日、クラウドサービスの安全・信頼性に係る情報開示認定機関として、申請された4件のクラウドサービスを3月31日付で新たに認定したと発表した。

一般社団法人ASP・SaaS・AI・IoTクラウド産業協会(ASPIC)は2020年4月1日に、「特定非営利活動法人ASP・SaaS・AI・IoTクラウドコンソーシアム」(ASPIC)から法人名称等の変更を行い、クラウドサービス情報開示認定機関として活動を行っている。クラウドサービス情報開示認定制度は2007年から総務省指導の下、ASPICが立ち上げ、推進しており、利用者が安心して利用できるクラウドサービスの普及推進を図っている。

本認定は、サービスの安全性、信頼性に関する情報を正しく開示しているクラウドサービスにのみ与えられ、今回の認定で累計191社の277サービスが認定されている。

今回、新たに認定されたのは下記の4サービス

・株式会社アドソフト「クオリード人材派遣クラウド」
・NECネッツエスアイ株式会社「Symhonictプラットフォームサービス」
・アイルジャパン株式会社「自動販売機の遠隔検診サービス」
・オルガノプラントサービス株式会社「オルトピアJクラウド」
《高橋 潤哉( Junya Takahashi )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×