SHIFT SECURITYが子会社「株式会社マスラボ」設立、最難関であるペネトレーションテスト本格的標準化に着手 | ScanNetSecurity
2021.06.19(土)

SHIFT SECURITYが子会社「株式会社マスラボ」設立、最難関であるペネトレーションテスト本格的標準化に着手

株式会社SHIFTは4月1日、同社の子会社である株式会社SHIFT SECURITYがペネトレーションテストを主力事業とする株式会社マスラボを設立することを発表した。

製品・サービス・業界動向 業界動向
株式会社SHIFTは4月1日、同社の子会社である株式会社SHIFT SECURITYがペネトレーションテストを主力事業とする株式会社マスラボを設立することを発表した。

SHIFTのグループ会社であるSHIFT SECURITYは、2016年の創業以来、脆弱性診断やセキュリティ監視サービスを中心としたIT領域における幅広いセキュリティサービスを展開、ホワイトハッカーのスキルを徹底的に標準化・仕組化することで「高品質」「低価格」「短納期」の診断サービスを提供してきた。SHIFT SECURITYではIT業界が抱える「人材不足」を解消しながら、創業5年で200名以上のセキュリティ人材体制を構築、受注量では業界中堅に伍する規模に成長した。

今回、SHIFT SECURITYが設立するマスラボでは、ITセキュリティ領域における新たな技術の獲得・追究を使命とし、セキュリティ領域の中でも標準化が非常に難しいと言われるペネトレーションテスト領域での事業活動を展開する。

なお、マスラボという会社名は、SHIFT SECURITYの企業理念である「Make a Smile」(笑顔を作る)と「Laboratory」(実験場)を合わせた「Make a Smile Laboratory」を由来としている。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×