LINE WORKS誤操作、顧客160名をまとめたトークルーム作成 | ScanNetSecurity
2024.07.15(月)

LINE WORKS誤操作、顧客160名をまとめたトークルーム作成

株式会社富士薬品は3月24日、LINE WORKSアカウントの誤操作について報告を行った。

インシデント・事故
トップページ
  • トップページ
  • リリース(LINE WORKSアカウントの誤操作による事案についてのご報告とお詫び)
  • リリース(対象となるお客様への対応)
株式会社富士薬品は3月24日、LINE WORKSアカウントの誤操作について報告を行った。

これは3月23日に、同社配置事業本部の仙台泉営業所の従業員が、LINE WORKSアカウントでお友だち登録している顧客に向けて、新しい担当者の紹介のために顧客ごとにトークルームを開設しようとしたところ、誤って160名の顧客をまとめたトークルームを作成したというもの。

影響範囲は、同社配置事業本部 仙台泉営業所の従業員が運営するLINE WORKSアカウントとお友だち登録している160名の顧客のLINEアカウントで、LINEで登録しているニックネームとアイコン、公開範囲を「全体公開」として設定したLINEタイムラインへの投稿が閲覧の可能性がある。なお、トークルーム内において投稿は行われておらず、顧客の個人情報をはじめ機密情報の流出は確認されていない。

同社では現在、対象となる160名の顧客に個別にトークルームから退出するよう案内を電話にて行っており、改めて事象の説明と謝罪を書面で送付予定。

同社では今後、LINE WORKSをはじめ顧客とのコミュニケーションで使用するツール利用において、操作内容によって複数人による目視によるダブルチェック体制を構築するとともに、業務マニュアルの改定と周知、従業員教育の徹底に努め、再発防止に取り組むとのこと。
《ScanNetSecurity》

編集部おすすめの記事

特集

インシデント・事故 アクセスランキング

  1. NTTデータグループ ルーマニア拠点に不正アクセス、ランサムウェアによる攻撃の可能性含め解析を進める

    NTTデータグループ ルーマニア拠点に不正アクセス、ランサムウェアによる攻撃の可能性含め解析を進める

  2. パルグループのサーバに不正アクセス、ポイント反映に影響

    パルグループのサーバに不正アクセス、ポイント反映に影響

  3. 駒井ハルテックで不正アクセスによるシステム障害、一部業務データが暗号化されアクセス不能な状況に

    駒井ハルテックで不正アクセスによるシステム障害、一部業務データが暗号化されアクセス不能な状況に

  4. イセトーへのランサムウェア攻撃で豊田市の推定 42 万人分の個人情報が漏えい、被害発生時は契約に基づき対応

  5. 庁内グループウェアへの不正ログインを繰り返した職員を戒告処分

  6. 東証プライム上場企業運営「PR TIMES」に虚偽情報による企業登録、2 件のプレスリリース掲載

  7. 車の屋根の上に個人情報記載名簿を載せ発進・紛失(高岡市)

  8. 建材通販サイト「hags-ec.com」に不正アクセス、1,432 名のカード情報が漏えいした可能性

  9. 契約終了後もデータの削除を怠り保存が原因 ~ イセトーへのランサムウェア攻撃で和歌山市の個人情報も漏えい

  10. 「ロート製薬オンラインショップ」への不正ログインと不正注文が発生

アクセスランキングをもっと見る

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×