NGAVやEDR導入、予算以外のさまざまな実務上の課題解決例 ~ CrowdStrike ウェビナー開催 | ScanNetSecurity
2022.05.23(月)

NGAVやEDR導入、予算以外のさまざまな実務上の課題解決例 ~ CrowdStrike ウェビナー開催

レガシーのアンチウイルスによる定期スキャン結果をレポーティングすることが定常業務に組み込まれていたりする企業では、レガシーアンチウイルスを使いながら、併用してNGAVを導入、NGAVの能力が検証され、かつ運用がこなれてきた段階でスイッチを行う場合もあるという。

研修・セミナー・カンファレンス セミナー・イベント
クラウドストライク株式会社は、2月26日にオンラインウェブセミナー「なぜ企業は『アンチウイルス』を置き換えたのか、新たな対策を採用したのか-エンドポイント保護に今本当に必要な対策とは」を開催すると発表した。

本ウェビナーでは同社の顧客がなぜ、アンチウイルスを同社の次世代アンチウイルスに置き換えたのか、既存のアンチウイルスにEDRや脅威ハンティング、他のソリューションを追加導入したのはなぜかを紹介する。

ファイルレスの攻撃や、正規ツールを悪意をもって用いる Living off the Land などの手法が増えてきているため、既存のアンチウイルスでは新しい脅威に対応できないことはすでに自明であるが、次世代アンチウイルス(NGAV)やEDRをどのように導入するかは各社個別の課題やしがらみがある。

たとえばレガシーのアンチウイルスによる定期スキャン結果をレポーティングすることが定常業務に組み込まれていたりする企業では、レガシーAVを使いながら併用してNGAVを導入、NGAVの能力が検証され、かつ運用がこなれてきた段階でスイッチを行うような事例もあるという。

本セミナーでは、

・既存のアンチウイルス製品をNGAVに変更するケース
・既存のアンチウイルス環境にNGAVだけでなくEDRも導入する場合

などの際に、予算以外で管理者が気になるさまざまな移行や導入実務の課題とその解決例を解説する。

概要
日時:3月19日午後4時~午後5時30分
形式:オンラインウェブセミナー(Zoomウェビナーを利用して配信)
講師:クラウドストライク セールスエンジニアリング部 セールス・エンジニア CISSP 末吉裕二氏
申込:こちら から受付
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×