GMOインサイト製のE START製品のインストーラにDLL読み込みに関する脆弱性 | ScanNetSecurity
2022.06.27(月)

GMOインサイト製のE START製品のインストーラにDLL読み込みに関する脆弱性

独立行政法人情報処理推進機構(IPA)および一般社団法人JPCERT コーディネーションセンター(JPCERT/CC)は3月5日、GMOインサイト製のE START製品のインストーラにおけるDLL読み込みに関する脆弱性について「Japan Vulnerability Notes(JVN)」で発表した。

脆弱性と脅威 セキュリティホール・脆弱性
独立行政法人情報処理推進機構(IPA)および一般社団法人JPCERT コーディネーションセンター(JPCERT/CC)は3月5日、GMOインサイト製のE START製品のインストーラにおけるDLL読み込みに関する脆弱性について「Japan Vulnerability Notes(JVN)」で発表した。PinkFlyingWhale 黒翼猫氏が報告を行っている。影響を受けるシステムは以下の通り。

E START アプリ バージョン 3.0.2.0 およびそれ以前
E START アップデートセンター バージョン 2.0.8.0 およびそれ以前

本脆弱性の報告を行った黒翼猫氏が公開する情報によれば、2019年7月31日でサービス終了したJWord プラグインが名前を変更し、Yahoo! Japanとの連携だけ削除してE START というサービスに機能を統合したという。

JVNによると、GMOインサイト株式会社が提供するE START製品のインストーラは、CVE-2015-9267 および CVE-2015-9268 の影響を受けるため、DLL を読み込む際の検索パスに問題があり、環境変数 TEMPで指定されたフォルダまたはインストーラと同一フォルダに存在する特定のDLLを読み込んでしまう脆弱性が存在し、インストーラを実行している権限で任意のコードを実行される可能性がある。

JVNでは、開発者が提供する情報をもとに最新のインストーラを使用するよう注意を呼びかけている。なお、本脆弱性の影響を受けるのはインストーラ起動時のみのため、既に製品をインストール済みの場合、再インストールする必要は無い。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×