松下記念病院で1,971名分の「撮影画像データ」を記録したノートPCを紛失 | ScanNetSecurity
2024.06.17(月)

松下記念病院で1,971名分の「撮影画像データ」を記録したノートPCを紛失

パナソニック健康保険組合松下記念病院は2月24日、同病院内にてノート型パソコン1台を2月16日に紛失したと発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
パナソニック健康保険組合松下記念病院は2月24日、同病院内にてノート型パソコン1台を2月16日に紛失したと発表した。

紛失したノート型パソコンには、1,971名分の患者のID、氏名、生年月日、性別、年齢、撮影部位、病室、医師コード、医師氏名、撮影画像が含まれる「撮影画像データ」が記録されていた。

同院では対象となる患者に、紛失に至った経緯と謝罪を書面にて2月26日に送付予定。

同院では監督官庁へ届け出を行うとともに、警察署へ被害届の提出を行っており、今後は個人情報に対する意識をさらに高め、再発防止に最大限の努力をするとのこと。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×