「鉄道サイバーセキュリティ市場調査レポート」公表、2019年の市場規模は約28億米ドルに | ScanNetSecurity
2022.06.27(月)

「鉄道サイバーセキュリティ市場調査レポート」公表、2019年の市場規模は約28億米ドルに

米Reportocean.comは1月29日、「鉄道サイバーセキュリティ市場調査レポート」を発表した。

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー
米Reportocean.comは1月29日、「鉄道サイバーセキュリティ市場調査レポート」を発表した。

同レポートでは、鉄道サイバーセキュリティにおける成長ドライバー、市場機会、課題、競争環境、脅威など、主要な市場の挙動に焦点を当てている。

同レポートによると、世界の鉄道サイバーセキュリティ市場は2019年に約28億米ドルと評価されており、2020年から2027年の予測期間にわたって3.1%を超える成長率で市場拡大すると予測している。

また同レポートの地域分析によると、北米はクラウドベースのサービスの普及率の高まりや鉄道インフラへの投資の増加という点で世界をリードする重要な地域とする一方、アジア太平洋地域も2020年から2027年の予測期間に最高の成長率を示すと予測、サイバーセキュリティの問題の拡大、IoT使用の拡大、自動化テクノロジーなどの要因で、アジア太平洋地域全体の鉄道サイバーセキュリティ市場に有利な成長の見通しが生まれる。

同レポートでは、主要な市場プレーヤーとして次の会社を挙げている。

タレスグループ
アルストム
シーメンス
ボンバルディア
ゼネラルエレクトリック(WabTec)
ノキアネットワークス
日立
IBM
シスコ
ユナイテッドテクノロジーズ(ロックウェルコリンズ)
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×