ケアレスミスで玉突き事故、コロナ感染者 個人情報を埼玉県が誤掲載 | ScanNetSecurity
2024.04.24(水)

ケアレスミスで玉突き事故、コロナ感染者 個人情報を埼玉県が誤掲載

埼玉県は1月26日、同県で取り扱っている新型コロナウイルス感染症に関する個人情報の漏えいが発生したと発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
埼玉県は1月26日、同県で取り扱っている新型コロナウイルス感染症に関する個人情報の漏えいが発生したと発表した。

これは1月25日午後5時15分に、過去に発表した報道発表資料「新型コロナウイルスに関連した患者等の発生について」に感染者の発表の重複が発見されたため、その訂正としてWebサイト上の修正を行った際に誤って個人名の入った一覧表を同県のWebサイト上に掲載したというもの。同日午後10時過ぎに外部から電話があり発覚し、午後10時30分に同ファイルを削除した上で、正式なファイルへ変更した。

誤って掲載したのは、新型コロナウイルス感染症に関する個人名191人分の記載された一覧表。

同県では対象者に事実説明と謝罪を行う。

同県では今後、作成したファイルについて適切な管理を徹底し、報道発表を行う際には複数人によるチェックを行うなど体制の見直しを図り、再発防止を徹底するとのこと。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×