FXサービスで誤送信、12月にやり取りした顧客情報ファイルを誤ってメール添付 | ScanNetSecurity
2024.06.21(金)

FXサービスで誤送信、12月にやり取りした顧客情報ファイルを誤ってメール添付

インターネット上での外国為替取引に関するサービスFXTFを提供するゴールデンウェイ・ジャパン株式会社は1月12日、1月7日に同社で発生したメール誤送信による個人情報の漏えいについて続報を発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
インターネット上での外国為替取引に関するサービスFXTFを提供するゴールデンウェイ・ジャパン株式会社は1月12日、1月7日に同社で発生したメール誤送信による個人情報の漏えいについて続報を発表した。

これは1月7日午後4時43分に、同社社員が問合せのあった顧客1名に返信を行う際に、2020年12月1日から12月31日の間にやりとりした顧客との電話内容またはメール内容を取りまとめたファイルを、誤ってメール添付し送信したというもの。

誤送信したファイルには個人情報2,873件で、以下のいずれかの項目が含まれている。

・個人顧客
申込番号、顧客番号、氏名、メールアドレス、電話番号、住所、生年月日、勤務先電話番号
・法人
会社名、担当者氏名、会社メールアドレス、会社電話番号、会社住所、会社FAX、携帯電話番号

同社では1月7日に誤送信先に当該メールの破棄を依頼、今後は漏えいの対象となった顧客に、メールは電話にて順次連絡を行う。

同社では今後、個人情報の管理体制を改めて強化し、再発防止策や社員への教育、業務フローのルール化に取り組むとのこと。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×