プルーフポイント、2021年注目の7つのセキュリティ予測発表 | ScanNetSecurity
2021.10.17(日)

プルーフポイント、2021年注目の7つのセキュリティ予測発表

日本プルーフポイント株式会社は12月16日、2021年に注目すべき7つのセキュリティ予測を発表した。

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー
日本プルーフポイント株式会社は12月16日、2021年に注目すべき7つのセキュリティ予測を発表した。

セキュリティチームが2021年に向けて準備を行うには、攻撃者がどのように戦略を進化させるか脅威を予測した上で、対応策を考え備えることが重要という。同社が挙げた2021年のトレンドは以下の7つ。

1. ランサムウェアはOneDriveやSharePointだけでなく、S3やAzureなどのクラウドリポジトリを攻撃に利用する

2. マルウェアは、引き続きシステムの脆弱性よりも「人」の脆弱性を利用し、LOLBinを使う

3. ビジネスEメール詐欺(BEC)の成長は鈍化するが、サイバー犯罪による損失の最大の原因となり続ける

4. クラウドのアクセス許可やトラストメカニズム(OAuth、SAMLなど)を悪用しMFA(多要素認証)を回避するテクニックが増える

5. オートメーションは追加機能ではなく標準機能になる

6. COVID-19が収束すればセキュリティ予算は元に戻るが、スタッフの配置は今後も課題

7. サイバー犯罪者グループ間での協力と相互作用が促進され、攻撃が強化される
《高橋 潤哉( Junya Takahashi )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/8~11/30迄 創刊23周年記念価格提供中★★
★★10/8~11/30迄 創刊23周年記念価格提供中★★

2021年10月8日(金)~11月30日(火) の間 ScanNetSecurity 創刊23周年記念価格で提供。

×