WESEEK提供のGROWIに複数の脆弱性、最新版へのアップデート呼びかけ | ScanNetSecurity
2024.07.25(木)

WESEEK提供のGROWIに複数の脆弱性、最新版へのアップデート呼びかけ

独立行政法人情報処理推進機構(IPA)および一般社団法人JPCERT コーディネーションセンター(JPCERT/CC)は12月15日、GROWIにおける複数の脆弱性について「Japan Vulnerability Notes(JVN)」で発表した。

脆弱性と脅威
独立行政法人情報処理推進機構(IPA)および一般社団法人JPCERT コーディネーションセンター(JPCERT/CC)は12月15日、GROWIにおける複数の脆弱性について「Japan Vulnerability Notes(JVN)」で発表した。情報科学専門学校/株式会社Flatt Security齋藤徳秀氏、株式会社サイバーエージェント高橋大輔氏が報告を行っている。影響を受けるシステムは以下の通り。

GROWI v4.2.3 よりも前のバージョン(v4.2系)
GROWI v4.1.12 よりも前のバージョン(v4.1系)
GROWI v3系およびそれ以前のバージョン

JVNによると、株式会社WESEEKが提供するGROWIには、入力値の検証不備に起因するサービス運用妨害(DoS)(CVE-2020-5682)とアップロードファイルの検証不備に起因するディレクトリトラバーサル(CVE-2020-5683)の脆弱性が存在する。

想定される影響としては、遠隔の第三者によってサービス運用妨害(DoS)攻撃を受ける(CVE-2020-5682)、第三者によって細工されたファイルを当該製品のユーザがアップロードした場合データが改ざんされる(CVE-2020-5683)可能性がある。

JVNでは、開発者が提供する情報をもとに最新版にアップデートするよう呼びかけている。
《ScanNetSecurity》

編集部おすすめの記事

特集

脆弱性と脅威 アクセスランキング

  1. TeamCity におけるパス文字列処理の不備に起因する認証回避の脆弱性(Scan Tech Report)

    TeamCity におけるパス文字列処理の不備に起因する認証回避の脆弱性(Scan Tech Report)

  2. マイクロソフトが 7 月のセキュリティ情報公開、悪用の事実を確認済みの脆弱性が 2 件

    マイクロソフトが 7 月のセキュリティ情報公開、悪用の事実を確認済みの脆弱性が 2 件

  3. PlayStation公式になりすましたアカウントに注意喚起、個人情報要求DMも

    PlayStation公式になりすましたアカウントに注意喚起、個人情報要求DMも

  4. 細工した画像をFAXに送信しイントラネットにマルウェア感染させる脆弱性(チェック・ポイント)

  5. 裏目に出たサンドボックス/露北軍事同盟/MFAの穴 ほか [Scan PREMIUM Monthly Executive Summary 2024年6月度]

  6. サイボウズ Garoon に XSS の脆弱性

  7. スマホアプリ「ピッコマ」に外部サービスの APIキーがハードコードされている問題

  8. 「安全なウェブサイトの作り方」7版、パスワードリスト攻撃対策を提示(IPA)

  9. やけど虫の駆除方法、体液が皮膚に付いてしまった場合の対策について

  10. PHPの脆弱性(CVE-2024-4577)を狙う攻撃に注意を呼びかけ

アクセスランキングをもっと見る

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×