「もしランサムウェアに感染したら」疑似マルウェアでリスク可視化 | ScanNetSecurity
2024.06.16(日)

「もしランサムウェアに感染したら」疑似マルウェアでリスク可視化

株式会社ブロードバンドセキュリティは12月11日、ランサムウェア攻撃へのリスクを可視化するサービスの提供を開始すると発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
株式会社ブロードバンドセキュリティは12月11日、ランサムウェア攻撃へのリスクを可視化するサービスの提供を開始すると発表した。

同サービスでは、顧客の社内環境にあるPCがランサムウェアに感染したと想定し、疑似マルウェアによる攻撃を実施、ニーズに合わせ、特定の端末が感染したと想定する、または感染している可能性を調査する「基本再現型」、より現実に近い形で攻撃をシミュレーションする「完全再現型」を選択。

疑似マルウェアが収集した情報に基づいて、脆弱性や不要なポートやサービスを検出するとともに、データ外部流出の可能性について検証を行い、感染したPCから接続可能な他のクライアントPCおよびサーバにどれほどランサムウェアの影響が及ぶか、実態に即した確認を行い、現状のリスク把握と対策の点検を可能にする。

「基本再現型」は、USBメモリ経由で疑似マルウェア攻撃を2台のPCに実施する「ランサムウェア感染リスク可視化サービス」「サブドメイン乗っ取り対策サービス」「ネットワークスキャンサービス」のメニューを備え所要時間は2週間(10営業日目処)で価格は350万円。

「完全再現型」は、顧客環境に疑似攻撃サーバを構築してパスワード付きZIPファイルによる疑似攻撃メールを50名まで配信する「ランサムウェア感染リスク可視化サービス」「サブドメイン乗っ取り対策サービス」「ネットワークスキャンサービス」のメニューを備え所要時間は3週間(15営業日目処)で価格は5000万円。
《高橋 潤哉( Junya Takahashi )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×