脅威メール件名例:「業務報告」「金曜日の会議のチェックリスト」「在庫確認表」「請求書送付のお願い」「組織図更新」 | ScanNetSecurity
2021.09.28(火)

脅威メール件名例:「業務報告」「金曜日の会議のチェックリスト」「在庫確認表」「請求書送付のお願い」「組織図更新」

株式会社インターネットイニシアティブ(IIJ)は11月27日、「wizSafe Security Signal 2020年10月 観測レポート」を発表した。

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー
株式会社インターネットイニシアティブ(IIJ)は11月27日、「wizSafe Security Signal 2020年10月 観測レポート」を発表した。

同レポートによると10月は、DDoS攻撃の総攻撃検出件数は572件で、1日あたりの平均件数は18.45件と増加しているが、最大規模や継続時間については先月を大幅に下回った。期間中に観測された最大規模の攻撃は、約78万ppsのパケットによって7.54Gbpsの通信が発生、最も長く継続した攻撃は15分で最大で386.33Mbpsの通信が発生した。また、攻撃には引き続きDNSやLDAPなど複数のプロトコルを用いたUDP Amplificationが使用されている。

10月の攻撃種別トップ10の割合について、「Netis Netcore Router Default Credential Remote Code Excecution」が最も多く全体の27.86%を占めている。次点は、先月に引き続き「Attempt to Read Password File」を多く観測し全体の9.58%を占めている。

また、メール受信時におけるマルウェア検出について、最も多く検出したのは「Trojan-Downloader.MSWord.Agent」で全体の84.79%を占め、その添付ファイルの大半は先月と同様、Microsoft Office数式エディタの脆弱性(CVE-2017-11882)を悪用するMicrosoft Word(docx)形式のファイルであった。次点は「Trojan.Win32.Agentb」で、全体の5.64%を占めた。また、SOCで検出した脅威を含むメールで件名が日本語のものについて、「業務報告」「金曜日の会議のチェックリスト。」「在庫確認表」「請求書送付のお願い <数字>-<日付>」「組織図更新」などが確認されており、添付ファイル名としては「<英字>.doc」「<日付>.doc」「会議の議題.doc」「請求書送付のお願い <数字>-<日付>.doc」などがあった。

同レポートでは10月の海外情報も含むセキュリティインシデントカレンダーやソフトウェアリリース情報も掲載している。
《高橋 潤哉( Junya Takahashi )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×