XOOPS用モジュールXooNIpsにSQLインジェクションはじめ複数の脆弱性 | ScanNetSecurity
2021.06.21(月)

XOOPS用モジュールXooNIpsにSQLインジェクションはじめ複数の脆弱性

独立行政法人情報処理推進機構(IPA)および一般社団法人JPCERT コーディネーションセンター(JPCERT/CC)は11月6日、XOOPS用モジュールXooNIpsの複数の脆弱性について「Japan Vulnerability Notes(JVN)」で発表した。

脆弱性と脅威 セキュリティホール・脆弱性
独立行政法人情報処理推進機構(IPA)および一般社団法人JPCERT コーディネーションセンター(JPCERT/CC)は11月6日、XOOPS用モジュールXooNIpsの複数の脆弱性について「Japan Vulnerability Notes(JVN)」で発表した。株式会社Flatt Securityのstypr氏が報告を行った。影響を受けるシステムは以下の通り。

XooNIps 3.49 およびそれ以前

JVNによると、理化学研究所 脳神経科学研究センター 統合計算脳科学連携部門 神経情報基盤開発ユニットが提供するXOOPS 用モジュールXooNIpsには、以下の複数の脆弱性が存在する。

SQLインジェクション(CWE-89) - CVE-2020-5659
反射型クロスサイトスクリプティング(CWE-79) - CVE-2020-5662
格納型クロスサイトスクリプティング(CWE-79) - CVE-2020-5663
信頼できないデータのデシリアライズ(CWE-502) - CVE-2020-5664

想定される影響としては各脆弱性により異なるが、当該製品にログイン済みのユーザによって、データベース内の情報を取得されたり、改ざんされたりする(CVE-2020-5659)、当該製品を使用しているユーザのウェブブラウザ上で任意のスクリプトを実行される(CVE-2020-5662)、(CVE-2020-5663)、当該製品にログイン済みのユーザによって信頼できないデータをデシリアライズされ任意のコードを実行される(CVE-2020-5664)等の影響を受ける可能性がある。

JVNでは、開発者が提供する情報をもとに最新版へアップデートするよう呼びかけている。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×