経産省が「 IoTセキュリティ・セーフティ・フレームワーク」策定、フィジカル空間 サイバー空間のつながり整理 | ScanNetSecurity
2020.11.26(木)

経産省が「 IoTセキュリティ・セーフティ・フレームワーク」策定、フィジカル空間 サイバー空間のつながり整理

経済産業省は11月5日、IoTやAIで実現される「Society5.0」、「Connected Industries」におけるフィジカル空間とサイバー空間のつながりの信頼性の確保の考え方を整理した「IoTセキュリティ・セーフティ・フレームワーク」の策定を発表した。

製品・サービス・業界動向 業界動向
経済産業省は11月5日、IoTやAIで実現される「Society5.0」、「Connected Industries」におけるフィジカル空間とサイバー空間のつながりの信頼性の確保の考え方を整理した「IoTセキュリティ・セーフティ・フレームワーク」の策定を発表した。

サイバー空間とフィジカル空間が高度に融合した「Society5.0」、「Connected Industries」では、サイバー空間とフィジカル空間の境界で情報が正確に変換されること(転写機能の正確性の確保)が極めて重要となり、両空間をつなぐIoT機器・システムへのセキュリティ対策は、これらの関連する課題の多様性だけでなく、利用される環境の多様性も踏まえた対応が必要となる。

同省が今回、策定した「IoTセキュリティ・セーフティ・フレームワーク」を活用することで、フィジカル・サイバー間をつなぐ機器・システムに潜むリスクを踏まえ、機器・システムのカテゴライズを行い、カテゴリ毎に必要となるセキュリティ・セーフティ要求の観点を把握、カテゴリ間で比較することが可能となり、別々のプロセスで検討した場合でも、新たな仕組み・サービスに対応したそれぞれの機器・システムに求めるセキュリティ・セーフティ対策の観点・内容の整合性を一定程度確保することができる。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★
★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★

2020年10月15日(木)~11月30日(月) の間 ScanNetSecurity 創刊22周年記念価格で提供。

×