経産省が「 IoTセキュリティ・セーフティ・フレームワーク」策定、フィジカル空間 サイバー空間のつながり整理 | ScanNetSecurity
2021.06.21(月)

経産省が「 IoTセキュリティ・セーフティ・フレームワーク」策定、フィジカル空間 サイバー空間のつながり整理

経済産業省は11月5日、IoTやAIで実現される「Society5.0」、「Connected Industries」におけるフィジカル空間とサイバー空間のつながりの信頼性の確保の考え方を整理した「IoTセキュリティ・セーフティ・フレームワーク」の策定を発表した。

製品・サービス・業界動向 業界動向
経済産業省は11月5日、IoTやAIで実現される「Society5.0」、「Connected Industries」におけるフィジカル空間とサイバー空間のつながりの信頼性の確保の考え方を整理した「IoTセキュリティ・セーフティ・フレームワーク」の策定を発表した。

サイバー空間とフィジカル空間が高度に融合した「Society5.0」、「Connected Industries」では、サイバー空間とフィジカル空間の境界で情報が正確に変換されること(転写機能の正確性の確保)が極めて重要となり、両空間をつなぐIoT機器・システムへのセキュリティ対策は、これらの関連する課題の多様性だけでなく、利用される環境の多様性も踏まえた対応が必要となる。

同省が今回、策定した「IoTセキュリティ・セーフティ・フレームワーク」を活用することで、フィジカル・サイバー間をつなぐ機器・システムに潜むリスクを踏まえ、機器・システムのカテゴライズを行い、カテゴリ毎に必要となるセキュリティ・セーフティ要求の観点を把握、カテゴリ間で比較することが可能となり、別々のプロセスで検討した場合でも、新たな仕組み・サービスに対応したそれぞれの機器・システムに求めるセキュリティ・セーフティ対策の観点・内容の整合性を一定程度確保することができる。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×